2015年10月19日

ずっと幸せでいるには

誰しもずっと幸せでありたいと願うと思うのですが、幸せになる事はとても簡単で、『今、幸せや!』と無理矢理にでも思っちゃえばそれでもぅ幸せなのですよね。

で、ずっと幸せであろうと思えば、『今日は幸せだった』を明日も明後日もずっと続ければいいだけのこと。

でもそれには向上心が必要なんですね。
今日は幸せだったから、この幸せがずっと続けばいいのに…それでもいいかもしれないけど、その幸せがずっと続いたところで多分慣れてきちゃって、幸せを幸せと思わなくなってくるんですよね。今日の幸せで満足してしまったら、ずっと幸せは叶わない…

ずっと幸せを叶えようとするには、今の幸せに満足しつつも、もっと幸せに…という気持ちも大事だと思います。

多分生きていればそんな良いことばかり起こる訳じゃないし、辛い出来事、悲しい出来事もたくさんあると思うけど、それすら勉強になった、自分を作る糧となった、今日はいい日で幸せだったと思えるようになれば、とても素敵やなぁと最近思います。
posted by ひのとえり at 23:40| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

自分が良ければ

自分が良ければそれで良いと思うんです。
これだけを言い放ったら多分大きな誤解を生むと思うのですが、本当にそぅやと思います。

でも、自分が良くなるためには、周りの人たちも良くなければいけないんです。
周りの人達が良い感情を抱いていないのに、自分だけが良い感情を抱くことは決して気持ちの良い事ではないし、居心地悪いし、自分はそれでは良くなくなってしまうんです。

自分が良くなりたければ、まずは周りから良くしていく。そうすれば自ずと自分が良くなっていく。

周りありきの自分やなと感じる今日この頃
posted by ひのとえり at 01:26| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

マイナス思考

一般的にプラス思考が良くて、マイナス思考が悪いという印象を持っている人の方が多いと思います。
私もまだへなちょこだった頃、マイナス思考は悪いもの!と決めつけて、一生懸命プラス思考になろうとして、でも結局出来なくて、自己嫌悪に陥って、また「あかんあかん!またマイナス思考になってしまってる…」の繰り返しばかりでした。

そんな私の話を聞いて、前のお店をやっている時にお客様がくれた言葉。「マイナス思考の人は、前もって災難を防ぐ事が出来る。すべての発明は〜がない、とか足りないというマイナス思考から始まった。だからマイナス思考は必ずしも悪いことではない」

確かに、マイナス思考の人は基本的には先に何かしら不幸があるのではないかと予測します。例えば私の場合、通勤途中そこの交差点で車が突っ込んでくるかもしれない…とかあの犬が勢いあまって飼い主の手から離れて噛み付いてくるかもしれない…とか。朝起きてから寝るまで本当にそんな感じで生活してました。バカみたいに不幸の先読みをしては、実際は何もなくホッとする…みたいな。今はそんなことはなくなりましたけど。
でもマイナス思考のおかげで、そうならないように予め気をつけようって対策は出来たし、何かが足りないと思えばそれに対して何か動きを起こそうとして、今の私があるのです。

つまるところ、マイナス思考が出てくる時は、何かしら先をプラス方面に変えるために考えて動く時であって、プラス思考が出てくる時はそのまま維持でいい時。

そう思ってどっしり構えていれば、どっちが来ようが対して問題ではなく、その場で臨機応変に対応すればいいだけのこと。

常にプラス思考でいようとか、マイナス思考の自分は嫌いとか、そんなこと考えるだけ時間が勿体無いって事ですよね。

タイムスリップ出来るなら学生時代のぶきっちょな私に教えてやりたい…
posted by ひのとえり at 13:28| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする