2016年04月14日

自己分析

たまに自分の事が分からなくなると、自己分析と銘打って、当たる当たらないは別として占いとか性格診断的な色んなものを試してみたりするのですが、こういう性質を持ち合わせてるからこぅなってるのか…とか、こういう時期やからしんどいのか…とか、それでちょっと開き直れたりするので、そういう類のものも捨てたもんじゃないなと思っています。

ただ、基本性格とかに関しては当たってるというよりも、自分から書かれている内容に近づけていってるんじゃないかと最近思ったりもします。

知りたいと思った事はある程度満足するまでとことん検索する癖があって、ある程度のそういう類は網羅してるのですが、それぞれに共通して言える事は、『大人しい顔してたまに周囲が思いもかけない大胆な行動をとる』という類の内容。
小さい頃から親に『あんたは普段大人しい癖にたまに何かびっくりする事やらかす』と言われてきたので、元々持ち合わせた性格なんでしょう。

本人からすれば普段大人しくしてるつもりはさらさらないし、むしろ普段からガンガン行きたいとは思ってるんですが、いかんせん持久力がないので、普段から力を入れすぎると疲れていざという時に力を出せなくなるからという理由だけの、ただの省エネタイプなんやと思います。

あとは『現状に不満を抱きやすい目標指向型』というのもよく書かれてる内容。
これはその通りで、私はまだまだこんなもんやない!とか思っちゃうんですよね。どうしても。
これは多分自分の成長に繋がるので悪い事ではないとは思うんですが、果たして死ぬ時に満足して逝けるんやろうか…とたまに要らぬ心配をする時もあります。
世に未練を残さず逝く為に、足るを知るという技も徐々に身に付けていかなあかんのやろうなぁ〜とぼんやり思ってます。
あとは『お店オープンする』という目標を達成した今、新たな目標を定めないとやる気が起きないという事。多分これが定まってないから自分を見失ってるような感覚になってるんやろなと思います。次なる目標…さてどうしようかなぁ〜

2CAB941E-59DB-4182-8675-DA943FA0BC57.jpg
posted by ひのとえり at 09:49| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

メニュー開発

オープンしてから数週間、かなり限定された形ではありますが、お店を利用したお客様の反応を見てみて、要望を聞いてみて、色んな人に相談に乗ってもらって、それに対する私の気持ちがどうなのか見てみて…今後どうして行くべきか、どうすれば気持ちよく経営できるか、もう何も考えたくないと思うほどぐるぐる色々と考えてました。

オープンする前から覚悟していた事とはいえ、ハッキリとした答えが出せない事にイライラしたりクヨクヨしたりでだいぶ揺さぶられた数週間でした。

ハッキリと分かったのは私の今現在の器の小ささと、自信が持てない弱いところ。これは今に分かった事ではないので再確認みたいな形になっちゃいましたが…
準備体操もなしに一気に跳ぼうとして、踏み込みで足首ぐねって跳ぶどころか複雑骨折みたいな感じ。焦りすぎの背伸びしすぎ。

という事が分かった所で、ようやくリハビリ期間に突入して、開き直りという隠れた得意技を使える状態になったので、自分の身の丈に合ったメニュー開発というか、今作りたいものを作る作業を再開しようと思います。

やっぱりこれを作らなきゃいけない!用意しておかなきゃいけない!になっちゃうと萎んでまうんよねぇ…

しばらく作りたい欲が萎えていたけど、やっと作りたい欲がむくむく出てきました。

C0CDA096-9E57-466D-B487-1D9CC5408E41.jpg

とりあえずやってみたかったチーズフォンデュトースト。これはすぐにでもメニュー化できそう。




posted by ひのとえり at 07:05| Comment(0) | お店ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

桜ごと

4月に入って、新しい節目を迎えた人も多いようですね。
この仕事をしていると、そういう行事に疎くなって、たまに置いてけぼりをくらったような感覚に見舞われる時がありますが、今日から新生活だから気持ち新たに…とか、振袖を着たから今日から大人とか、学生服からスーツに変わったから…とか…なんか全くもって意味がないなと、昨日の今日で中身は同じやし、むしろ日々の生活の中でのほうが成長を感じられるようになったので、私には置いてけぼりをくらうような職種の方があってるんやと思っています。

さて、この時期の京都はえぐいことになっていて、穴場と言われてた所も穴場じゃなくなり、年々外に出る気力すら薄らいできていますが、やっぱりどこかしらで桜は愛でたい訳で…
61598106-8857-4BD3-B9F7-C935BAFBC0DA.jpg
なるべく人がいない、なおかつ目的を持って行くんじゃなくて何かのついでに行ける所を求めて…。わいわい花見も楽しいけど、1人静かに桜を愛でたい時もあるのです。
0CA80AB6-CC53-4812-8181-DD7F04998036.jpg
下を向いて咲く桜は、寒い冬空で下を向きがちやった人達に「こっちやでぇ〜上向いてみぃ〜」と語りかけるようで、その優しいピンク色の言葉にまんまと上を向いてしまうのです。
ED0DAF49-BF08-4517-9009-2D11C8ED61DC.jpg
ひらひらの衣装を着てふわふわ踊るバレリーナみたいに、華々しくキラキラしてる子達も可愛いけど
A18911C5-3B01-430E-8574-9AE898328157.jpg
次は私の出番!と舞台袖でワクワクドキドキしながら待っている若々しい新芽も愛おしい。

もうすぐ私の好きな新緑の季節がやってきます。新緑の時期はもっとうろうろしようかな。


posted by ひのとえり at 09:31| Comment(0) | 京都ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする