2016年05月31日

はみ出したって良いじゃない

CF897FE9-5F9E-4C1C-B7CB-D0EB20999B69.jpg
ちょっとくらいはみ出したって良いじゃない。型にはまった人生なんてつまらないわ…

っていうイメージのあんぱんです。
あんこは甘さ控えめにして、生地は少し塩気を強めに。切り目を入れてねじねじ成形。

昔から束縛されることが嫌いで、校則とか規則とかクソ食らえと思ってました。ただ、怒られるより褒められる方が好きやし、先生に特別構ってもらいたい訳でもないし、怒られてる時間も気力も勿体無いし面倒臭いと思ってたので、ただ地味に波風なんて一切立てず、何なら学級委員長に推薦されちゃうくらい真面目に学生生活を送ってきました。

大学生になり、一人暮らしを始めて少し自由度が高くなったものの、理系大学特有のカリキュラムに縛られ、多分生きてきた中で一番病むほど机上の勉強をしてたと思います。

卒業して、学生という枷が外れて、やっと社会に飛び立つんだ!と思ったら会社という組織にまんまと縛られ…ただお金の為だけに働く日々。
それを社会とはこういうもんだ!と思って働ける人はいます。でも私は我が儘なので、嫌なものは嫌やし、そんな事に時間を割くのは勿体無いと思ってしまったので、とにかく自分で自由を作る人生を選びました。

今まで培ってきたもの使えるものはフル動員して、いかに自分が自由にのびのび暮らせるかに重きを置いて、ちょっとずつちょっとずつ枷を外して、何度も手直ししながら今に至ります。最近やっと今が一番幸せ、楽しい!と思える域に達したと思います。性格上ここで止まるってことはないとは思いますが…

適材適所。型にはまっていたい人ははまってるのが良いし、はまりたくない人はちょっとくらいはみ出したって良いと思うのですよ。

誰に何て言われようと自分の人生なんやし、お金がどうこうとかいうよりも自分が心地よく暮らせる方が良いと思うのです。私はお金も楽しいも両方欲しいですけどね…

posted by ひのとえり at 14:12| Comment(0) | お店ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

粉ふり

ケーキの盛り付けの時に粉砂糖やココアをふったりするのに茶漉しを使ってたんですが、いちいち粉をスプーンですくってカシャカシャするのが面倒くさくて、粉ふり(パウダー缶)を買おうと思って調べたら…あれ結構なお値段するんですね…100均とかにありそうなもんやのに…

貧乏性なもんで、あんなん缶に編み張っただけやん…それで1000円とかしちゃうわけ…??いや、いくら錆びにくいステンレスとはいえさぁ……とか思っちゃったもんで、これはもぅ自分で作るしかないな!と思って、

0AE15C7F-AF89-44D3-9A04-D741E3CA445F.jpg

幸い、仕事柄蓋つきの瓶は手に入りやすいので、これに百均で買った網を取り付けようと思ったのです。

E3ED6F51-60D4-4F32-BC47-DA681FB61F86.jpg
缶切りで蓋に丸く穴をあけて、網を張って…
思い通りの物が出来ました!

見た目はまぁ不細工ですが、市販の粉ふりに劣らずの機能性です。満足!


posted by ひのとえり at 12:08| Comment(0) | 手づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

悩むこと

7A76D2DF-2419-4C15-8B65-49460369FE7F.jpg
自分の行く道があってるのか、悩んで悩んで何だかよく分からなくなるまで悩んだら、ベストなタイミングでヒントをくれたり、答えを導いてくれるような人との出会いがある。そんなもんなんだな…そういう風に世の中できてるんだな…って思えるようになったら悩む事もあながち悪くないなって思えるようになりました。

最近はお店の事で悩むというか、考える機会が多いけど、本質はものすごく単純なんやろうなって事に気付きかけてる気がします。

思考も行動ももっとシンプルに。

“お裾分け”っていうのが最近の私の中でのホットワード。自分の持っているものを自分以外の人に分けわけする。物だったり知識だったり、いろんなもの。でも押し付けになってしまったらダメ。

ないものは分けられないので、人に分けわけするには、まず自分が持っていることが前提。分ける事ができるくらい自分を上げておく必要がある、ということ。

オープンしたばっかやけど、私の分身であるお店を1段階上に上げたい。まだ理想の形じゃない。
私は欲張りやからこの先満足できる日が来るかどうかは分からないけど、できるだけ理想に近づけるように、とりあえず出来るところから始めたいと思います。
posted by ひのとえり at 00:34| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする