言わぬは災いの元

人の顔色を伺ってしまう人って、自分が何か口から発する時に‘こう言ったらこの人はどう思うんやろう…’とか‘こんな風に思われるかもしれない…’とかが頭の中で先立ってしまって、結局何も言えなくなってしまう。 言わないから昇華されない気持ちは溜まっていくし、‘言う’という行為に一向に慣れないし、逆に‘言わない’事に慣れてしまうので、結局何…

続きを読むread more

敢えて繋がらないということ

昔に比べたら、繋がろうと思えばものすごく簡単に繋がれる世の中になっていて、繋がれない人間というのが若干肩身が狭い…みたいな風潮になっているのですが、私は敢えて繋がらない人に、強さというか、美しさみたいなものを感じるのです。 人と繋がっていない時間、孤独な時間って、自分の中で色んな事を自己満足で創造してるんですよね。 引きこもる事で逆…

続きを読むread more

やりたい事がわからない

「自分のやりたい事が分からない」って私的によく陥る現象です。 今やってる事は別にやりたくてやってる訳ではない…だったら自分は何をやりたいんやろう…って。 この間スーパーに行った時に、自分の食べたい物が分からなくてしばらく売り場に呆然と立ち尽くすという状態になって、「おいおい、自分そこまでか!?食べたいものすら分かんないのか!?」って…

続きを読むread more