2018年11月13日

シェフ シャウエン (ホテル編)

シャウエンではリナ リヤド & スパ, シェフシャウエン, モロッコに泊まりました。
6B2EF98B-A314-47BD-87B2-A77BB6E5236D.jpg
街同様に青を基調としたインテリア

4F192748-727A-43AF-A122-75C582ADD2C7.jpg
モロカンランプの影がとても綺麗です。

15D7B5FF-B7E5-46B8-8872-08986E9C519C.jpg
階段のタイルも可愛い

A070973A-3553-4B98-82E3-44A78D9862E6.jpg
部屋が3階やったのですが、この階段結構勾配あってちょっとキツかったです。
9546227F-2A3E-4828-BEF5-71E056B06373.jpg
吹き抜けとか窓の感じとかも可愛いですね。
こういうスペースでまったりお茶しながら過ごしたいなぁ…

1FB8FF26-1A30-4AB8-874A-ABFF7F6076B5.jpg
今回の旅ではここの朝食が1番豪華やったと思います。
バグリール(モロッコ風パンケーキ)にムスンメン(パイみたいなクレープ)ハルシャ(イングリッシュマフィンみたいな)に卵(オムレツか目玉焼きかゆで卵か選べる)、ホブス(平焼きパン)、フルーツのオレンジジュース漬け、ナッツ入りヨーグルト、オレンジジュース

CDA604C5-E72A-4F9A-95F0-D5DEB79D7FA2.jpg

前日に朝食は7時半からと聞いていて、9時から現地ガイドさんが街を案内してくれる予定やったのですが、7時半ちょうどにロビーまで降りてきたのですがシーンとしていて、奥でごそごそしてたホテルの人に「朝食を食べに来たのだけど?」と聞いてみたら、1時間時間がなんちゃらかんちゃら…で朝食の準備がまだなの的な。なんのこっちゃ理解できず「じゃあもうちょっと時間かかるのね?」と聞くと、「いや、大丈夫!すぐ準備するから席についてて」との事。頭に??を浮かべながら朝食を食べてると9時に来るはずのガイドさんが8時過ぎにもう来て、「サマータイムが延長になったから僕の時計ではもう9時だよ」と。
「???!」となりながら急いで支度をして出ました。

後から聞いた話では、本来はその日にサマータイム終了だったはずが、政府がサマータイム続行(年間通じてサマータイムを続行する)を通達した事で、1時間戻るはずの時間が戻らないままになり、電波会社が対応しきれずにiPhoneなどの時計も対応できず時間が1時間ずれてしまったとのこと。それで飛行機を逃してしまった人もいたみたいです。

サマータイムがない日本人には理解しがたい時間設定…。しかもニュースなどを見てない観光客にはなんのこっちゃな出来事でちょっと混乱しました。

切り替わり時期の旅行は気をつけないといけないですね。
posted by ひのとえり at 14:47| 旅行ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェフ シャウエン(晩御飯編)

カサブランカの空港を昼間に出て、シャウエンに到着したのは夜の20時過ぎやったと思います。辺りは既に暗くなっていて、お腹もペコペコ。
ドライバーさんがホテルからすぐ近くのオススメのレストランを紹介してくれたのですが、事前に調べていたレストランに行ってみたくて。

たまたま運良くそのレストランをホテルまでの道中で見つけたのです。しかもホテルから徒歩数分。

レストランが22時までやったので、チェックインをしてからすぐにレストランへ。

87DAFC6B-2D75-4478-8E86-6F26193BFF25.jpg

CHEZ FOUAD restaurant

ヨーロッパ系の観光客から人気のお店みたいです。

待ってくれていたドライバーさんが席の確認をしてくれて、地下のテーブルに通されました。

女性の店員さんが英語メニューを持ってきてくれたのですが、この方は英語が話せないみたく、しばらくメニューをみて考えてると店主さんらしき男の方が来て、英語で「牛とプルーンのタジンとアンチョビのタジン、海老のタジンがオススメだよ」と。

牛とプルーンのタジンは食べてみたかったので、とりあえずそれと、メニューにあるクスクスを指差すと店主さん顔をしかめる。
「アンチョビと海老のタジンが良いよ」と。
そこまで言うなら…と大人しくその3種とモロカンサラダとフライドポテトを注文。

時間も遅かったし、クスクス作るのめんどくさかったのか?…それかお互いに英語がつたなくて実はその3種しかないよと伝えたかったのか…?聞き取れなかっただけか…?
まぁそれはそれで良しとして…。

0658D00E-13E1-4CF9-90C0-0514BF91261B.jpg
モロカンサラダです。野菜の細切れのサラダ。味付けはとてもシンプルです。

E35BB855-CED6-45DD-A99F-A1DA8629D9C9.jpg
牛とプルーンのタジン
前の旅行の時には食べれなかったので、今回は絶対に食べてみたかったんです。
柔らかく煮込まれた牛肉と、プルーンの甘みがちょうど良い具合にマッチングしてます。

01EFFD15-AF5E-406F-8C13-2DBBDD4E53B2.jpg
海老のタジン
むき海老のトマト煮込みみたいな感じ。日本人のお口にとても合うと思います。

6DBAE448-6D80-460B-AAC6-902372D33796.jpg
アンチョビのタジン
こちらもトマトベースですが、アンチョビの苦味をライムの酸味がうまく緩和してくれています。

86275FFF-628C-4DBA-A210-14A7A31C0EAB.jpg
お店の中を闊歩している子猫ちゃん。
モロッコでは結構普通に店の中に猫がいます。猫好きにはたまらんですが、猫嫌いさんは耐えられないでしょうね…。(ちなみに私は猫も好きですよ。まぁ鳥が1番ですけど)

3578E551-600D-4186-936E-563EE9EE175F.jpg
食後のミントティー

この日めちゃめちゃ寒かったんです。長旅で疲れた身体に温かくて甘いミントティーが染み渡りました。

フェズでもっと美味しいものが食べれたので、今回の旅での1番!とは言えないのですが、美味しく頂いたし温かい雰囲気の庶民派レストランでした。

2C129DFF-D90C-4FD6-A6E4-C653F4B42A80.jpg
ちなみにドライバーさんが進めてくれたレストランがこちら。記録用にと写真を撮ったのに店名が光って見えない残念な結果…。
まぁ場所は分かるし、また今度シャウエンに行く事があれば入ってみたいと思います。

posted by ひのとえり at 14:08| 旅行ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする