2019年09月26日

日本語では‘気’という文字を含む言葉が沢山あって、その目に見えない曖昧な存在を現す言葉がとても好きなのですが、その中でも‘気遣い’というのは日々生きていく上で大事なものだと思っています。でも気を使いすぎたり気を回しすぎるのはやはり精神衛生上良くないなと最近本当によく思います。

自分が持っている以上の気を使いすぎると、身を削るように疲弊するだけやし、気を回しすぎると収拾がつかなくなって身動き取れなくなる。

自分を守る為にも、気を使う配分は重々考えた方が良いし、人に与えられるくらいの気を保持できるように気を養うという事も大切になってくると思います。

気を上手に使いこなせている人は活気があって、人間性が優れていると思うし、とても魅力的です。

かくいう私は、色んなことを気にし過ぎる、変な気を使う、いまいち気を上手に使いこなせてない…。今年は気を養うことに重点を置いていたはずなのに、蓄えるどころかむしろどっかに穴が開いていてダダ漏れになってるんじゃないかというくらい物事に対する気力が足りていません。

色々と修復しないとですね。
posted by ひのとえり at 10:26| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

ブログ

ちょっと調べたい事があって、このブログに移行する前のブログを久しぶりに読み返していました。

38061A14-146C-482B-A89A-340761F3D9DF.jpg

eskapiの事、お店をやりたい!と夢と希望を抱きまくってた頃の事、調理師学校に通ってた頃の事、ririの前に飼ってたインコのきびちゃんの事、さらに遡ったら食べ歩きや寺社仏閣巡りをしまくってた時の事、そしてブログを書き始めた時の事まで、ついつい遡って読んでしまいました。

2008年から始めてたブログ。昔はまだ今ほどSNSが発達してなかったのもあると思うのですが、あの頃は結構マメに更新してたんやなぁ…と我ながら感心しました。

1番最初のはじめましての記事を書いた時の気恥ずかしさったら…それでいて面識のない方から初めてコメントをもらった時のドキドキ感とかも思い出して、なんだか胸のあたりにムズ痒さを感じました。

文章が若いし、思った事をそのまま書いちゃってるんですよね。上から目線なお店批判とかもしちゃってたり、読者の方に記事で恋愛相談なんかしちゃってたり…今読んだら恥ずかしい事この上なくて…。でもそんなこっぱずかしい記事に対しても温かいコメントがあったり、実兄からもコメントがあったりなんかもしてて、なんかほぇぁぇ〜〜ってなってしまいました。

あの頃はブログにものすごく助けてもらってたんです。あの頃は何か自分を表現できる術や、自分の思いを素直に吐き出せる場所がブログしかなかった。

お店を始めてからは、お店が自分を表現する場所になって、経営者として無責任な発言は出来なくなり(してるけど…)色々な忖度もせざるを得なくなり(これが大人になるって事なのでしょうか…)なんだか自分を出すのが怖くなって(充分だしてるかもしれないけど…)書いては消し、書いては消してを繰り返すうちにどんどん面白くない記事になるし、めんどくさくなったっていうのは正直あると思います。いつからかコメントをもらうのも怖くなって、コメント欄も閉じてしまっていました。

今回久しぶりに以前のブログを読み返してて、なんか良いなぁと思ったんです。あの頃はあの頃なりに色々悩みながら考えて書いてたんだとは思うのですが…素直に表現するって大事やなって。

表現する場所(店)が無くなった今、もう一度ブログに立ち返るっていうのもありやなぁ〜となんとなく思っています。
今はインスタがあるので食べ歩きブログとかは多分しないというかめんどくさくて出来ないと思うのですが…。


あの頃のブログを読んで下さってた方、若かりし私に温かいコメントを下さってた方、実際にお店をやってから足を運んで下さった方、まだお会いできていない方も、今このブログを読んで下さってるかどうかはわかりませんが、大変お世話になりました。感謝しております。

引き続きゆるゆると参ろうと思っておりますので、薄眼程度に軽くゆる〜く見守っていただければ幸いです。





posted by ひのとえり at 17:01| Comment(2) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

占い

7BF4991D-911E-4954-8139-8F242D33A519.jpg

最近、占いを勉強し始めているのです。

もともとは自分がよくわからない…から始まって、とりあえずの自己分析の為のツールとして利用してたのですが、「そっか、こういう性質だから仕方がないのか」「今はこういう時期だから、上手くいかなくて当たり前なんだ」とか、自分を納得させるというか、認めてあげる為に占いってあるのかなと思うようになりました。
いわゆる、自分の取り扱い説明書のようなものなのかなと感じています。

しばらく勉強は続けるつもりですし、もしこの先誰かを占うというような事があるのなら、「あなたこのままじゃ死ぬわよ!」とか「ここを変えなさい!」とかではなくて「まぁまぁ、美味しいおやつでも食べながら一緒に考えていきましょうか」みたいなスタンスの占いをしたいなぁと思っています。
posted by ひのとえり at 10:35| ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする