2019年12月15日

2+7=?

751EB257-D7C0-4281-8504-B17F1BC77013.jpg

私の頭の中では何故か2+7=11になるようで…

この間違いは小学校の算数のテストの途中計算で同じ間違いをして、100点をとり逃して母にこっぴどく注意されたのでよくよく覚えているのですが、大人になってからも何故か2+7=9にはならず、何気に11で計算していて合計が合わなくて困る…みたいな事が何回かあって、もはやこれは何かの呪いなんじゃないかと思ってます。

7を9と誤認識してなのか、もう2+7=11 っていうのが頭に刷り込まれてしまってるのか、はたまた何かしらの天からのお告げなのか…

今回は間違いにすぐ気付けただけまだ良しという事にしておきます…。あぁ怖い怖い…。
posted by ひのとえり at 13:37| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

2019年振り返り

毎年年末の誕生日あたりに振り返る事が多いのですが、今年はちょっと早めに振り返りを…。

2019年は何だか3〜5年分くらいの出来事が一気に押し寄せて来たような、それだけ気持ちが大きく揺さぶられる出来事が多かった印象です。

去年の年末に祖父が亡くなり、2月には最愛のririも逝ってしまって、お店を閉じて引っ越しして…
前半は10円ハゲが出来るくらい精神的にキツかったのですが、死生観というか、自分の今後の身の振り方を考える良い機会を与えてもらったと思います。


正直、今後生きていく上で今持っている薬剤師や料理製菓の技術だけでは私は通用しないと思ったし、今後自分がどうしたいのか、どうありたいのかハッキリさせないといけない、何か別の柱になるような物を見つけないと、このままではいつかポッキリ折れて取り返しがつかなくなると思ったのです。もしなんとなく寿命を全う出来たとしても死ぬ間際にきっと後悔するんやろうなって。


この1年は自分がやりたい事やりたくない事のぼんやりした境界をパキッとさせて、自分の限界をきちんと把握する事に専念しました。負けず嫌いでプライドも高いので、自分の限界を見るというのはなかなか辛いものはあったのですが、お陰で今は良い感じで力が抜けてるような気がしています。出来ない自分を認めるという事も大事だと改めて感じています。


とにかく気になってた事、興味を持った事、色んな事に齧り付いては咀嚼して吟味して、自分を好きなように泳がせた結果、自分の為に生きるのはもういいかな…って思うようになりました。

好き放題やって気が済んだという部分もありますし、そもそも自分をガンガン押し出すという事に長けていないという事もきっちり再認識できたし、年齢ジャンル問わず、色んな人と出会って話をして、たまに相談に乗ったりもして、どんなに立派に見える人でも、どんなに明るく輝いている人でも当たり前のように悩みがあって、陰の部分があって。

そういう陰の部分を出せるような場になりたい、残りの人生、人の為に生きていきたいし、ちょっとずつ恩を返していきたい…綺麗事のように聞こえるかもしれないけれど、なんとなくそう思うようになりました。


ただ、人の為に生きるというのが単なる自己犠牲になってしまわないように、今まで以上に自分を強く持っていないといけないと思うし、学ばないといけない事も山積みです。

でもビジョンははっきり見えるようになったし、目標さえ定まればこっちのもんで、後はそれを達成する為に邁進するだけなのできっと大丈夫だと思っています。去年の年末に比べたら気持ちはかなりクリアになっています。

2020年は全ての星座にとって大きな転機が起きやすい年だと言われています。例に漏れずおそらく私にとっても転機の年になるのではないかと何となく感じています。

流され過ぎないように、ハンドルはきっちり自分で握って上手く流れに乗れたら良いなと思っています。
posted by ひのとえり at 14:05| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

大丈夫の信憑性

す自分が発する“大丈夫”という言葉に説得力を持たせたいのです。
ABE403FB-851C-46DB-9C2B-2099075A6AAC.jpg

自分で言うのもなんですが、私の“なんとなく大丈夫”、“なんとなくあかん”という感覚は今までの経験上大抵当たります。
今習ってる占いの先生にも「あなたは占うっていうより直感の方が当たるよ」と言わしめる程です、
ただ、「なんとなく大丈夫だよ!」と伝えた所で、どの程度相手の心に刺さるのか…というのが問題で。相手との間柄にもよるかもしれないのですが、やっぱりきちんと「大丈夫」を伝えたいのです。
自分が発する言葉に信憑性を持たせるには、自分自身がある程度、人から信用のおける人間になる必要があると思っています。
この人の言うことなら大丈夫やと思ってもらう為には、やはり自分が放つ言葉に対してしっかりと責任を持つ事が大事やと思っています。
どんな小さな約束でも守るようにする。
守れない約束はそもそもしないようにする。
社交辞令も出来る限り言わないように。
突拍子のない考えや妄想でも口に出して誰かに伝えた時点で、結果はどうであれ絶対に実現するようにする。
嘘も出来る限りつかないように…(優しい嘘はたまには必要かなとは思います)
ただ、意識しすぎて逆に曖昧な言葉を選んでしまったり(断定的な事を口に出すと実行せざるを得なくなるから)、人と話す時に考えすぎて口下手が余計に口下手になってるというのも否めないですし、意識しなくとも自然にそう出来ている事が理想なので、その辺りはまだまだ自分が未熟だからだと真摯に受け止めないといけないと思っています。
今、占いを勉強しているのは、自分の言葉で上手く伝えきれない部分を占いというツールで補完したいという気持ちがあるからかもしれません。“なんとなく”を具体的な事象で指し示す事が出来たらおそらく信憑性は少しあがるから。
でも占いはあくまで補助的なツールで置いておきたくて(やるからには徹底的にやりますが…)いつか占いなんてなくても「この人が言うんだったら大丈夫」と思ってもらえるような人間になりたいと切に願っています。
がんばろう。とりあえず目の前にある事からちょっとずつ楽しみながらがんばろう。
posted by ひのとえり at 10:08| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする