2020年05月25日

結局のところ欲は捨てた方が良いのか?

精神論とかの本を読むのも好きなんですが、そういう本によく書かれているのが、幸せになりたいなら『欲を捨てなさい』という言葉です。
基本的には欲を持つという事は良くないこととされている事が多い気がします。
9F47C3AA-3B95-453D-9253-79548EEE1402.jpg

ただ、“金持ちになるには“とか“地位をあげたいなら“みたいな自己啓発系の本には『欲を持ちなさい。ガンガン攻めなさい!』と書かれている事が多い。

結局どっちやねん!?ていう話なんですが、私の見解としては、人間関係など自分以外の人に関する事に対しては欲を捨て、自分自身に関する事には欲を持てという事なんやろうなと思うに至りました。他人に自分の欲を求めるなという事ですね。


単純に、満たされた生活というものを簡単に手に入れようとするならば、物や地位というものへの執着は断ち切った方が手っ取り早い。
つまり、そもそも欲を持たなければ、高い理想を持たなければ、常日頃から“なんか満たされない…“なんて思う事もないという事ですよね。


“夢や目標が見つからない…“という相談事を受ける事もあるのですが(かつて私も悩んだ事がありますが…)、実は“夢や目標が見つからない“状態って、かなり恵まれた状態なんですよね。
それこそ無欲の状態で仏教の世界では良しとされる状態。

それなのに悩むっていうのは、夢や目標を持つ事がカッコいいとか良しとされる風潮のせいもあると思いますし、“何かしら悩んでいなければ不安になる“とか“ある程度のストレスは感じていた方がよい“という、人間の元々持ち合わせているドM性みたいなものから来るのかもしれません。それに持っていない“夢や目標“を欲しているという事になるので、それこそ『欲』を捨て切れてないって事になるんでしょう。

悩みたくなければ前述したように『足るを知れ』って事になるんでしょうが、あのお釈迦様だって、辛い過酷な修行を経て悟りを開いた後“苦行なんて全て無駄だった“と言っているように、結局のところ、どんなに物質的に満たされている状態でも、どんなに恵まれた状態にいても、どんな辛い状況に自分を追い込んで欲を捨てようとしても、欲というのは勝手に出てきてしまうもの。

つまるところ大事なのは、“出てくるもんはしゃあないんやし、それに惑わされるな“という事なんやと思うのです。
あとは、“欲の無い状態に感謝しなさい“って事なのかなとも思います。


でも自分を成長させるには『欲』というものは切っても切り離せないもの。その辺での欲はやっぱり持った方がよいと思うんですよね…。

だ〜からぁ!結局どっちやねん!?と思うと思うのですが、まぁちょっと落ち着きましょう。

ややこしくなってきたので、とりあえず“欲≒試練“と捉える事にしましょう。

“欲を持つ“という事は“自分に試練を課している“という事。だから欲を満たすためには頑張らないといけない。試練をクリアすれば欲は消えていくという流れ。

自分自身に対して欲を持つ事、つまり自分に試練を課すことは成長に繋がりますが、他人に対して欲を持つ事、つまり人に対して自分の試練を押し付けてしまうと、当然ながらなかなか自分の思う通りにはクリアしてもらえない…だからイライラもするしもどかしくもなると思うのです。
そして、自分に課せられた試練を人にクリアしてもらったとしても結局は満たされないのです。
自分がクリアしようと思ってたゲームを人にクリアされても嬉しくないでしょう?

だからこそ欲は自分自身で処理していかないといけないし、他人に欲を満たしてもらおうとしても結局満たされずに、さらに欲が出てくるだけだという事やと思うのです。


欲≒試練が無いのなら、その状況をありがたく思い、欲≒試練が出てきたら自分自身で立ち向かってクリアしていく…。
これこそが“欲を捨てる、欲を手放す”ということなのかなと思います。


とりあえず今の私は欲にまみれてしまっている気がするので、ひとまず欲の仕分けから始めてみようと思います…。断捨離、断捨離!




posted by ひのとえり at 08:19| Comment(0) | 精神論的な事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

アベノマスク

今日ポストを覗いたらアベノマスクが届いていました。

3C16E473-BD19-4FD0-AB31-6E195E0ADCD6.jpgB1521178-2E57-4569-844E-CDB3A2CCB257.jpg

今回のコロナウイルスの件で、それなりに色々と思うところはあって、4月頃はついつい愚痴っぽくなってしまいそうになっていたのですが、信憑性があるか無いかもわからない曖昧な情報に振り回されて不満を感じて、まだ起こってもない未来に対して不安や憂いを感じた所で何も生産性がないなという結論に達してからは、比較的穏やかに日々を過ごしています。
マスクを着けているのが当たり前、大人しく引きこもる事が推奨され、社交的にアクティブに動き回る事が叩かれる現状を一体誰が予測できたでしょう。少なくとも数ヶ月前までは大半の人の価値観は真逆だったはずです。

人の気持ちや価値観なんて状況次第で簡単に180度ひっくり返るという良い事例を身を持って経験できたと思います。

かといって、人の事は信じない!というのはナンセンスで、コロコロ変わる曖昧な世界で、自分は何を選びとるのか、どういう価値観を見出すのかが大事なんやろうなと思います。

・囚われない、振り回されない。
・人のせいにして逃げない。
・目の前にどんな状況が現れても因果応報…原因は全て自分の中にあるという事を忘れない。
・悪い出来事の裏には必ず良い側面が隠れているという事、いかにそれに目を向ける事が出来るか。
そして今のこの考え方にも囚われてしまわないようにする事。常に頭を柔らかく。

ブレずに柔軟でありたいものです。


数年後にこの日記を読み返した時に、自分はどう感じるのかなぁ…。
どんな世の中になってるんでしょうね。
マスクは外して過ごしてたいな…。
posted by ひのとえり at 15:41| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

メール鑑定を始めてみて

手相のメール鑑定を始めてから1週間経ちました。
BF06C804-E6D8-4A2A-82AC-A7DB097E815C.jpg
ありがたい事にとても心地良いペースでメールを頂いて、フィードバックもいくつか頂きながら見直し、今後の課題と向き合っている今日この頃です。
(今現在頂いているメールには既に全て返信済みですので、もしまだ返信来てないよという方は、迷惑メールフォルダに振り分けられていないか確認の上、見つからない場合はお手数ですが再度ご連絡ください)

自分でやっていても不思議に思うのですが、手には面白いほど自分の欲求というものが現れてきます。もちろんその人の持っている性質はある程度わかります。

手相鑑定で難しいところは、その人の性格をある程度踏まえた上で、何をどういう言い回しで、どこまで伝えるか…という事です。
嘘偽りなく、いかに過不足なく相手に伝えられるかという事で、観る側の技量が試されるような気がします。

あくまで第3者の目線で客観的に観るというのも大事だと思っていて、こちら側が何と言おうと、最終的な判断は相手に任せるより他どうしようもないし、私が出来る事といえば、ただただ受け止めるとか、認めるとか、そっと背中を押すという事くらいですし、それ以上の事は基本的にはやってはいけないとも思っています。相手をわかったつもりになるというのも危険な事やと認識しています。

今は写真を見ての鑑定なので、じっくりと考えてひとつひとつ組み立てながら伝えるという事が出来るのですが、対面鑑定となった時にパッと頭をフル回転させて上手く伝えるというのには、まだかなりの訓練が必要になるかなぁ…と思っています。周易もまだちゃんと覚えられてないからカンニングしちゃうし…。

私自身、まだ30代半ばとはいえ、もともと感情の起伏も激しく飽き性という事もあり、悩まなくても良いような悩みまで抱え込む人生を送ってきたと思います。
その中で自分の感情のコントロール方法や、悩みとの向き合い方などを、体当たりでぶつかりながらも必死でもがいて何とか経験値をあげてきた節があると思っています。
この病みブログを昔から読んでくださってる方ならよくご存知かとは思いますが…。

今は人の顔色を読んでも敢えてスルーするとか、失敗を恐れて動けなくなるとか、モヤモヤを抱えるという事はほぼほぼ無くなったし、ある程度自分の感情のコントロールもできるようになったと思っています。(一人外食恐怖症とか言ってるくせに…)

何が言いたいかというと、余計な事までいっぱい悩んでるからこそ、ある程度の悩みには共感できるし、自分なりにそこから抜け出す方法もそこそこ知ってるよという事です。

基本的に何も変える必要はないと思ってるし、じゃあこうしてみたらどうでしょう?こういうやり方もありますよ、くらいのアドバイスしか出来ないし、それくらいしかやるつもりもないですが、何かちょっと行き詰まった時に、“あ、ちょっとあいつに話聞いてもらおう…”くらいの感覚で相談してもらえるような存在になれれば良いなと思っています。

そして、たくさんの人の悩みに向き合えるように、私自身もしっかり真面目に悩み続けようと思っています。


手相鑑定詳細はこちら↓
posted by ひのとえり at 12:29| Comment(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする