秋の気配

56511892-F91F-44B0-B5BC-AF4DB86A916D.jpg
秋の気配は空の変化で感じとる事が多くて、
数年前に紅葉は木々の上の方から徐々に始まるということに気が付いた時に、そっか秋は上から降りてくるんや…と何となく自分の中でひとり腑に落ちた気がして。

上から徐々に色が変わって、落ち葉になって地面に着いたら冬が来て、地面にあった種が芽吹いて地面から這い出てきて花咲く春になって、夏に向かってぐんぐん成長しながら上昇する…そして秋になってまた降りてきて…。
季節は幕のように降りたり上ったりして廻っているんですね。

全てのものは循環していて、輪廻という言葉があるように人もきっと循環していて…

そう考えると最近は死に対する恐怖も昔に比べると少し和らいでいて、かといってせっかく頂いた命は粗末にする気はこれっぽいもないけれど。
この時代に生まれた意味というか、私がこの世で果たすべき事をやり終えた時に自然に訪れるものなんやろうと、ちょっとロマンチックな事をぼんやりと考えてる今日この頃です。




この記事へのコメント