できる子辞める

新しいパソコンを買いました。
8年前に買ったパソコンがもぅそろそろ限界を迎えていたもので…

理系大学出てるくせに理系科目が皆目ダメなもんで…電子機器を1人で買いに行っちゃったりすると途端に頭からぷすぷす煙が出だして、眉間に皺が寄ったものすごい形相で店員さんを威嚇しちゃったりするもんだから、今回は機器に強い友達夫婦に付き添ってもらうことにしました。

案の定、店員さんの多分分かりやすいであろう丁寧な横文字混じりの説明に頭がショートしそうになりながらも、友人の助けのおかげでなんとか切り抜ける事が出来ました。おまけにデータの移行まで助けてもらって…至れり尽くせり(涙)

しっかし最近のパソコンはすごいですね!薄いし、軽いし、早いし、音も綺麗し、訳わかんない機能付いてるし、キーボード取れちゃったり、ペンで書き込めたり…

そんでもってその日は、確定申告の入力で訳分からずちんぷんかんぷんなってる所を、またまた別のその筋に詳しい友達夫婦に助けてもらって。
数字ほんと弱いんですよねぇ…いちお理系女子なんやけどなぁ…


最近自分の限界を感じる事が多くなってきました。人様に迷惑をかける事がものすごく心苦しいので、できる事なら何でも1人でなんとか乗り切りたい性分なのですが、どうしても自分じゃ無理!っていう事態が増えてきた…というか乗り切ろうとする気力が湧かなくなったのかもしれないです。困った時は人に頼るという事を勉強する期間なのかもしれません。

自分の限界が見えてしまうとちょっぴり切なくなるんです。あぁ、私出来ひんのや…これ無理なんやぁって……。
やっぱできる子でいたいんですよね。

多分この、できる子でいたい願望は、ちっちゃい頃に親の注目を兄から自分に移してもらう為の姑息な考え方が癖になっちゃってるんやと思います。できる子でいれば、何でも上手にこなせば注目してくれる、褒めてもらえるって子供ながらに思ってたんですよ。2番目が観察眼が優れてるとか、要領がいいとか言われるのは、多少こういった努力からもきているのでは?と思うのですがいかがなもんでしょう?
でも、結局は手のかかる子の方が可愛げがあるし、何やかんやでちやほやされるっていうのが判ってきた頃には時すでに遅しっていうね(笑)もぅできる子やっちゃってるから。そうなったらもぅそのまま突き進むか、もしくはグレるしかないんですよ(笑)

長年培われてきた癖ってなかなか抜けないんですよね。今日からできる子辞〜めよって思った所でなかなか出来ないもんです。で、癖とお別れする時ってやっぱりちょっと切ないでしょ?長〜いお付き合いな訳やし。

でもここ数年で思うのは、ほんとにお別れする時が来たんやろうなぁって。そろそろ出来ない自分を認めなあかんのやろなぁって。

そぅ思えるようになったのはきっと、困った時に「ごめん、助けて!」って言ったら助けてくれる人達が側にたくさん居てくれるから。「ごめん、出来ひんわ」って言っても、それでもえぇよ!って言ってくれる人達がいる事が分かったから。

ほんとにツイてると思います。人に恵まれた人生です。できる子な私から卒業して、ありのままの自分で大きくなって、たくさん恩返ししていかんとあきませんね。

この記事へのコメント