喜怒哀楽

最近周りの人達を見てて思ったのは、喜怒哀楽の表現はきちんと表に出した方が良いという事。

昔から人の顔色を読むのが得意というか、悪い癖というか…人に合わせた方が世の中上手い事回ると信じて今まで生きてきたのですが、最近そぅでもないなぁ…って思っています。

人ってそこまで人の事を気にかけてないし、自分が我慢すれば上手くいくとかいう考えはただの自惚れなんやろうなぁと。

自分の感情を抑えてまで一緒にいるという人間関係は多分いつか限界を迎えるし、だったら自分の感情をストレートにダイレクトに伝えて、それが許容される関係性の中で生きていった方が楽やし楽しいと思います。

この間、成り行きで子供と遊ぶ機会を頂いて、数時間一緒に遊んでいたのですが、子供って本当にストレートに感情をぶつけてきて、そのひとつひとつが本気やし、こちらの気持ちにも敏感やから、こちらも本気で返さないとって思わされたんです。
10代、20代前半の頃って、幼稚園児とか小学生の相手って本当に苦手で、どう相手したら良いのか分からなかったんですが、最近になって子供を子供として見るのではなくて、同等の人間として見て接したらとてもスムーズに意思疎通ができる事に気がつきました。子供って身体は小さいし力も弱いけど、中身は大人以上に大人やったりするんですよね。学ぶ事もたくさんあります。逆に中身子供な大人って多いなぁとも最近よく思います。

社会人になって、自営業になって、輪が広がって、年齢って本当にどうでも良い事で、年上でも年下でも、考えてる事が似てる人は似てるし、合う人は合うし、合わない人は合わないし…年齢じゃなくてそれを基準に生きていれば、より色んな事を学べるんやろなと思ってます。

そんな中で、喜怒哀楽をよりよく表現するために、衰えてる表情筋を鍛え治さんと…という気持ちと、例えばイベント出店なんかをする時にお面を被ってたら気持ち楽に接客出来るんちゃうか…とか思っちゃう気持ちと…。

まぁ、何をもって喜怒哀楽を表現するのかは人それぞれですから…。
少しずつ自分をダイレクトに出せるようになっていこうと思う今日この頃です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック