模様替え

気分を変えたくなった時に模様替えをしたくなるのは昔からの癖です。
一度したくなったらもぅ気持ちが止められず、その時に一気にやってしまわないと気が済まないタイプ。なので夜中であろうが朝早くであろうが関係なくゴソゴソと家具を動かしてしまう近所迷惑な奴です。

模様替えする時はまず頭の中で大まかな家具の配置を考えて、そこから動線やら配線やら作業効率やらを考えて微調整を加え、よ〜いスタート!で動き出します。
だいたい夜に頭の中で新たな部屋のイメージと作業予定を組み立てて、悶々としながら朝を迎え、迷惑そうなririを尻目に、朝ご飯もそこそこに動き出すパターンが多いですね。
45C6E2DD-66D6-40C6-AA30-E3461B39BB93.jpg

動かしつつ、家具の下に溜まってた埃とかを掃除しつつ、要らないものは捨てつつ、物の居場所を変えつつ…いそいそ動いてる瞬間も気持ち良いのですが、途中ぐっちゃぐちゃな部屋に佇んで、次はどこに手をつけようか…と途方に暮れて数分間ぼ〜っとする瞬間も案外好きやったりします。


多分これは私の変なこだわりやと思うのですが、床やテーブルの面がある程度見えていないと気持ち悪くて、例えばテーブルの上に物がゴチャゴチャ置かれてて、書類なんかがわさーっと広がってる…みたいなのが耐えられないのです。とりあえず何でもかんでも重ねて端に寄せてしまいます。ある程度テーブルの面がこんにちは!してたら問題ないんですけどね。
だからラグを敷くのも好きではないですし、部屋のど真ん中にテーブルとかソファがあるのもあまり好きじゃないのです。床が見えてる面積狭くなるし動線が悪くなるし…。インテリア的にはそっちの方が素敵になるんですけどねぇ…それより床面積を気にしてしまいますねぇ…し、その方が掃除もしやすくないですか??急いでる時とかに部屋で遠回りせなあかんかったり、ソファとかテーブルとかに脚をぶつけるのとかが物凄く嫌いですし。…そもそも急がなくてもいいようにゆとりのある生活を送れてれば良いだけの事なんですけども…

模様替えの良い所は、気分が変わるっていうだけじゃなくて、今の自分に必要なものと必要のないものを知る一種の断捨離効果もある所です。
多分風水的には、滞ってた気の流れを変える事で自分の気持ちも変わるって事なんでしょうけど。

とにかくじっとしていられない達なので、居場所も職もコロコロと変えてしまいますが、最近ようやく出来る事というか、役割というか、今まで靄がかっていた事がちょっとずつスッキリしてきたような気がします。後はいかに自分が日々心地よく過ごせるように環境を整えていくだけですね。そこが大変やけども…





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック