ガトーバスクさん

ネット販売の準備、順調にとは言えないものの少しずつ着実に進んでおります。5月には始められるはず…
やろうと思えばすぐに出来る事なのに、なぜにこんな時間がかかってるのかというと、まずパソコン作業が苦手すぎて苦痛でしかなかったというのはひとまず横に置いといて、ちょうど良い容れ物見つけるのに手こずった、という事が最大の要因かと思われます。

既製品のよくあるケーキ用の紙箱とかを使えばちゃちゃっと始められたのですが、何故かどうしても紙の薄っぺらい箱には自分が創り出した物を入れたくなかったんです。変なこだわりというか我儘というか、カッコつけというか…

最近気づいた事なのですが、自分が創り出した物って、自分の分身というか子供みたいっていうか、それだけ気持ちが入り込む物なので愛着がすごく湧くんです。作り手さんなら多分分かってもらえる感覚やと思いますが…
機械が創り出した物と、人の気持ちが入り込んだ物の違いって、多分解る人には解ると思うんです。だからこそ気が抜けないし、大切に扱いたいという気持ちがあるのです。
(気持ちが入り込むからこそ、自分を常に良い状態に保っていないといけないっていうのも最近気づいた事…)
私の場合、その気持ちが人よりちょっと…(かなり?)多めなんやと思います。一球入魂しすぎるくらいしちゃうし、身を削ってまで大事にしようとしてしまう…だから不器用になるし疲れちゃうんやけども…

多分、赤ちゃんが生まれた時に、肌触りの良い服を着せてあげたい、質の良い食べ物を与えてあげたい、手がかかるけど可愛いから許せちゃう…とかそういう感覚と一緒やと思うんです。赤ちゃん産んだことないから分からんけども…


ガトーバスクさんには心地良い箱に入ってもらって、心地良い状態でお客様のもとまで届いてもらいたい…(でも出来れば予算内で←ここがネック)

901AFAE1-C8D9-4193-A148-E2AA1CC339EA.jpg

そんな訳で探しに探してたら時間食っちゃった…みたいな?それでいて箱が見つかったら今度は包装紙はどぅすんだい…とか同封する物たちの質感は合わせたいんよなぁ…とか、どこまでいってもキリがないのです。
どこかで折り合いはつけないといけないし、状況的につけざるを得なくなるのですが、分かっちゃいるけど辞められない。

結局いつも早く始めたいからって途中で折り合いつけて後で後悔するので、今回は早く始めたい気持ちをぐっと堪えて、始める段階である程度のとこまで持っていってやりたいな…と。そこからまた進化させていきたいな…と思っております。

さ、頑張ろう〜




この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449382984
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック