だいたいの流れ

なんか心構えのことばっか書いてしまってる気がするので、多分そろそろ、んな精神論はどうでもえぇねん!もっと為になる情報流せや!て思われてる頃やと思いますし、徐々に実用的な事を書いていこうかなと思います。
今回はお店を開店するまでのだいたいの流れに関して。

ざっくり言うと
物件決める→改装する→営業許可申請する→オープン

これだけです。ざっくり過ぎるかもですが、こんな簡単なもんです。
個人の飲食店をやるのにあたっては免許も資格も何にもいりません。やる気さえあれば誰でも出来ます。

ただ、流れは簡単ですがそれぞれが結構濃い!

物件を決めてしまってからは家賃が発生してくるので、金銭的な無駄を省く為には、改装、メニュー決め、試作、小物の準備などはほぼ同時進行で、許可さえ取れたら即営業!というのが効率が良いっていうのは分かりますよね?
金銭的に余裕のある方はゆっくりじっくり、あれこれ考えながらやった方が納得のいくお店が出来ると思います。焦るとやっぱり府に落ちない部分が多くなるので。

私はなるべくお金をかけたくなかったので、物件が決まる前にだいたいのメニューや試作、絶対に何がなんでも置きたい家具や、食器、雑貨などの収集は済ませておきました。部屋が物置状態でえらい事になりましたが仕方ありません。早く物件を決めようっていうモチベーションにも繋がるっちゃ繋がるので、なかなかケツに火がつかない人はとりあえず小物集めから始めたらいかがでしょうか?結局使わなかったっていうか使えなかった物も多々ありましたが…(汗)

ただ、物件が決まらないとどうしようもない物もあるのです。主にキッチン設備、例えば業務用シンクや冷蔵庫などは物件の大きさ次第で置くサイズを考えないといけないですし、大きめの家具は物件次第で置けなかったり…うまいこと居抜き物件が見つかれば買う必要もなくなるって事もありますし。
まぁ設備や家具に合わせて物件を選ぶっていうのもひとつの手ですけどね。

物件を探すのと同時に、だいたいのキッチン設備の相場というか、どんな形、サイズがあるか、くらいは把握しておいた方が後々楽やと思います。
同じ機材でもお店によって価格がだいぶ違ったりしますし、出来る事なら安く手に入れたいですしね。
物件が決まってしまったら、他に決めなくてはならない事がたくさん出てくるので、色んなお店を回ったり、調べたりしてる時間が取りにくくなります。なのである程度のところまでは時間のある時に調べ尽くして、物件が決まったら、この店で形とサイズだけ選んで購入!っていう状態まで持っていってれば気持ちがちょっと軽くなります。

出来ることは時間のあるうちに…が鉄則です。
焦るとろくな事になりません。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450271019
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック