大人になること

ほんとに書きたい時期と書きたくない時期との差が激しすぎる…
まぁ書きたくないのに無理矢理なんか書いたところで何も伝わらないだろうし…そもそもただの自己満ブログやし何かしら伝えようとしてる訳でもないし…。じゃあなんでブログやってるかって?後で自分で読み返して、この時の自分あほやなぁ〜とか、この時より成長したなぁ〜とか、うわぁ病んでるなぁ〜とかしみじみ振り返る為です。
過去記事を読んで気づかされる事も多いので、過去から未来の自分へのメッセージ的に書いてる部分もあります。
記事を挙げてない時期は忙しかったのか、そういう気分じゃなかったのか…とかの推測もできたりでなかなか面白いものです。
今は書きたくないっていうこともなくて、思う事は一応あるけど、色々ありすぎてまとまらないから、まぁいっか!ってなってる状態です。

この〝まぁいっか〟が日常生活のあちこちで出来るようになったのはごくごく最近の事で、最近はほんとに昔に比べて生きやすくなってきたと感じます。

物事にあまり執着しなくなった…というか元々そんなに執着しない性格なんやと思うけど、他の人から見た自分を変に意識して、無理矢理執着していた(してるふりをしてた?)部分は前まではあったと思います。だから真面目そうに見られたり(今ではだいぶ変人が浸透してきた気がするけど…)、色んな試験に合格できたり、前のお店を頑張れた部分があるんやと思いますが、まぁいっかが許されない世界というのはものすご〜く息苦しい…

〝まぁいっか〟が〝どうでもいいや〟になってしまってはいけないと思うけど、〝まぁいっか〟はこれから楽に生きていく上で積極的に使っていった方が良いんじゃないかと思ってます。

昔を知ってる人に変わったねって言われる事もあるけど、多分変わったんじゃなくて、隠してた部分が露呈してきたって事。隠さなくてもいい環境が整ってきてるって事なので、その言葉は歓迎すべきものやと感じています。

良い意味で諦めがつけられるようになる事と、自分という物を偽りなく、上手に世間に馴染ませる事が出来るようになるっていうのが〝大人になる〟って事なのかなって最近思います。

未だに〝自分らしさ〟とか〝アイデンティティ〟とかに悩まされる自分はいるけれど、そういうのんに悩んでる自分が今の自分らしさで、悩んだ末にまぁいっかで片付けるのも自分らしさ。それでええやんか…と思えるのが多分大人。

ごちゃごちゃと思い悩まずに、過去でもなくて未来でもなくて〝今〟に集中して、今対処出来るのが良い大人。

良い大人になりたいって思ってる時点で良い大人ではないので、ちょっとでも良い大人に近づけるように精進いたします。




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック