原点は泥だんご

この間、スノーボールクッキーを黙々と丸めてた時にふと〝ん?この感覚……???〟ってなったんですけど、記憶を遡っていったら砂場にいる若かりし頃の私に辿り着きました。

私の幼少期の遊びって、あっちこっち駆けずり回るものではなくて砂場遊びがメインでした。
もともと活発な子でもなかったし、今よりも格段に人見知りは激しかったので、1人黙々と砂場で泥だんご作ってた記憶が残ってるんです。
(もちろんそれなりに友達もいたし、ジャングルジムとか隠れんぼとかゴム跳びとかでみんなで一緒に遊ぶとか、それなりに楽しい幼少期を過ごしてましたよ。ご安心を…)でも誰にも邪魔されずに1人黙々と遊ぶのもすごく楽しくて…。

昔っから凝り性やった私は、砂場でひたすら美味しそうな泥だんごを作るってことに没頭してたんです。
丸め方とか、砂の粒子の大きさとか考えたり、硬さを出すために水を足したり、最後にちょっと磨いてツヤを出すとか…本当に真剣に取り組んでたんですよね。で、自分の理想の泥だんごが出来た時のなんとも言えない高揚感といったら…✨
嬉々として親とか友達とかに自慢しに行ってた…って記憶はあまりないのですが、もしそうやったら反応にさぞや困ったことでしょう…
何個も作っては並べて、満足気に眺めて、そして破壊して…次はもっと綺麗に丸いものを、もっと美味しそうなものを…っていう訳のわからない執念。
誰に求められるでもなく、褒められるでもなく、ただひたすら自分が納得いくものができるまで黙々と…。

今スノーボールクッキーをひたすら研究して黙々と丸めてるのも、何かしらこの泥だんご作りに通ずるものがある気がします。

お菓子とかパンを焼きたがるのも、小さい頃好きやった、カラスのパン屋さんとか、グリグラのカステラとか、こぐまちゃんのパンケーキとか…そういう絵本が原点やと思ってますし。

結局は返ってくる。
大人になっても根本は変わらなくって、結局小さい頃没頭してた事に関連する趣味や仕事を持ったりするんやなって思います。

子供の時ってやっぱり色んな事に対して素直で、素直に楽しいと思える事を素直に楽しんでいた気がします。成長するにつれて、色んなしがらみが出てきて、いつの間にか素直に自分が楽しむって事が出来なくなる。

でも自分が楽しむって本当に大事やと思うし、楽しめる人って1番強いと思うんです。
子供の頃は身近な人達の評価しかもらえないけど、社会に出たらたくさんの人からの評価を受ける事になる。どんなに自己満やと思っていても必ずどこかの誰かの役に立ってたり、認めてくれる人は出てくるから、無理に人の為に…って事だけを考えなくても良いんじゃないかなって最近は思うようになりました。

初心忘るべからず…

どんなに歳をとっても子供の頃の素直な感情は持ち続けないといけないですね。














この記事へのコメント


この記事へのトラックバック