言わぬは災いの元

人の顔色を伺ってしまう人って、自分が何か口から発する時に‘こう言ったらこの人はどう思うんやろう…’とか‘こんな風に思われるかもしれない…’とかが頭の中で先立ってしまって、結局何も言えなくなってしまう。

言わないから昇華されない気持ちは溜まっていくし、‘言う’という行為に一向に慣れないし、逆に‘言わない’事に慣れてしまうので、結局何も言わなくなるという悪循環。口は災いの元って言うけれど、じゃあ口に出さなければ平和じゃない?と思ってしまうのです。

でも自分の感情を言葉にしないってやっぱり結構キツイんですよね。昇華されない感情は溜まりに溜まっていつか大爆発を起こす。でもそうなった時には「何で今まで言わなかったの?」って言われてしまう。言わない事を選んだ自分を棚に上げて、‘いや、言えない状況を作ったのはお前だろ’とか思ってしまう。だけどやっぱりそんな事言えないから押し黙ってしまう…。(多分この場合は「その時は言えなかったんだ、ごめんね」というのがきっと正解なんだろうな…)

多分、自分が感情的になる事に対して何らかの抵抗があるのやと思うのですが、相手に自分の感情を伝えるってやはり重要で、でも、言わない事に慣れてしまった人にとって、その習慣を覆すのって結構難しい事なんですよね。

だから最初は‘相手への自分の感情’じゃなくて、‘ただ単なる自分の感情だけ’という簡単な事から始めたら良いんじゃないかと思ったのですよ。

何か食べて「美味しい」とか、何か見て「綺麗」とか、「嬉しい」「楽しい」とか「疲れた」「悲しい」とか、自分が感じた感情をとりあえずそのまま素直に口に出して言ってみる。頭の中で思うだけじゃなくて、言葉にして出してみる。誰にも聞こえないような声でも良いから、とりあえずポロっと口に出してみる。口を動かしてみる。

これ、普通に普段から出来てる人は不思議に思うかもわからないのですが、言わない事に慣れてる人って、それすら声に出して言わないんです。頭の中で完結しちゃうんですよ。口動かさないんです。というか動かないんです。良くてちょっと表情が変化するくらい。

感情を押し殺してグッと堪えてる時って、口をギュッと紡ぐじゃないですか。ずっとその状態なんです。それに慣れちゃってるんです。

誰かに話せば気が楽になるって、多分、自分の感情を口から出して言葉(言霊)にして昇華させてるんやと思うんです。よくある漫画とかで魂が口から出てるようなイメージ。

口は災いの元やけど、経験上言わない事も後々の災いの元になり得る。災いにならない為にもちょっとずつ昇華させるのが吉ですね。