2018年11月12日

遊牧民気質

これまで何度か経験している事なのですが、それまで何の興味も示さなかったものに急に目が行くようになとか、逆に今まで色鮮やかに見えていたものが、急にモノクロになったように色褪せて見えるとか、別に嫌いになった訳じゃないけど何故か縁遠くなるみたいな事がちょいちょいあるんです。
それがやんわりと訪れてきてくれたらよいのですが、急に訪れるので自分で戸惑う事が多々あるのです。
本当に、昨日まで熱心に取り組んできた事が今日には怖いくらいにスーッと興味が無くなっている。

1つの事に興味を持つと、色々と調べまくって、それに関する文書とか画像とかを保存したりする癖があるのですが、先日過去の画像の整理をしていて数年前から今年までの写真やら画像やらを見返したら面白いほどに興味の移り変わりが激しくて。変わらないのは鳥の写真がかなり多めって事くらい…6E45C159-DF49-4E96-B88D-C80931BDF18C.jpg

一昨年の私と、去年の私、今年の私が全くの別人であるかのように、写真の撮り方とか、色、編集の仕方、興味の対象、作り出すものとかもだいぶ変化してる。それを成長と捉えればとても良い事ではあるのですが、

前に一度、自分は遊牧民気質なのでは…みたいな事を書いたと思うのですが、ここ数年移動サイクルがかなり激しかった気がするのです。

色んな事を経験して、色んな人に会って、色々悩んで、その都度自分なりに答えを出して、一周回って今はなんだか落ち着きたい時期かなぁといった感じです。そろそろ気持ち的な定住を求めてきているのかもしれません。ある意味1つの答えに辿り着いたとも言えるかもしれませんね。

こういう時は経験上、新たな変化が起きやすい時期やと思うので、変化を楽しめるように、流されてしまわないように気を引き締めておこうと思います。

旅の記事の途中に相変わらずなんのこっちゃな記事を挟んでしまいましたが、あくまで自分で後から読み返してクスッとする為の自己満なブログなので、そっとしといて下さい。
posted by ひのとえり at 21:33| ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする