2019年

A5345C88-4BC4-4FCE-9A03-C3C32292D818.jpg
正月休みに入ったらモロッコ旅行記をあげてしまおうと思っていたのですが、年末に予定や仕事を詰めて入れてしまっていて、さらに祖父が年末に急逝した事もあり、少しバタバタしていました。
今年は曜日の並び的にしっかりお休みは頂いたものの、年末感もなければ正月感もなく、なんとなくぬるりと2019年に突入したという感じです。


昨年末、誕生日を迎えて晴れて34歳になった訳ですが、当日に色んな人から直接お祝いしてもらって、年末故に家族以外からお祝いされる事がほぼほぼなかった私は、ぽっかぽかの気分で誕生日当日を過ごしておりました。

家に帰ってからもその感動をじんわり噛み締め振り返っていたのですが、2018年、色んな物事に対する自分の受け取り方が大きく変わったな…と感じていました。

人からの厚意を素直に嬉しいと思えるようになってきている(前までは申し訳ないが勝ってた)今までだったらクサクサしていたであろう事も前向きに捉えられるようになっている、頑なに拒否し続けてきた事を受け入れられるようになっている、目の前に起こる現実を以前より冷静に見る事が出来ている。でもしっかり人生を楽しもうと思うようになっている。

2018年は上半期から結構色々あって若干疲れていたのですが、そんな疲れ果ててた秋の暮れ頃に、ふと「今の自分を縛るものは何もない、究極に自由なんだ」という思いと、「変わりたい、今までの自分をぶち壊したい」という思いが出てきました。

今までの自分がダメとかは思っていないし、今までの経験あってこその今の自分なのですが、今出来上がっている自分の人格の表面は、自分の言い訳で塗り固められている気がしたのです。
周りがこう言ったから、職業柄仕方がない、みんながそうしてる、普通はそう…そういう部分で成り立っている自分をもっと削っていきたい、素の部分をもっと出していきたい…と何故かそう思ってしまったのです。

2018年、目に付いたのは良い意味で身勝手な人達やったのです。自分の信念を貫いている人達。そういう人たちがとても楽しそうで魅力的で良いなぁと思ったのです。自分もそっちに行ってみたい…と。

だから2019年はもっと楽しもう、もっと素直になろうと思っています。

とりあえずやってみる、楽しんでみるをモットーに2019年駆け抜けたいと思います。