回転寿司

何かの本で読んだ、“自分を幸せにする為に生まれてきた”という考え方がすごく好きです。
人生をゲーム的に捉える(自分が主人公で、自分に降りかかる試練が敵、それを倒しながら生きている)という考えも好きなのですが、最近、回転寿司的な感覚で生きていけたら楽しいし、比較的心穏やかにいられるのでは…とふと思いました。

回転寿司って基本的には色んなネタが勝手に流れてきて、自分が好きな皿を選んでお腹を満たすじゃないですか。自分が嫌いなネタだったり興味のない皿はスルーする。

その日の気分によって取る皿は変わってくるし、自分が嫌いなネタを人は好きだと言って喜んで選ぶ場合もある。

ちなみに私は玉子とか納豆軍艦とか結構好きなのですが、それを取ると「せっかく寿司屋に来てるのに勿体無い」とか言う人もいるのです。
でも私は食べたい物を自分で選んで食べてるし、好きな物でお腹が満たされてるからそれで満足な訳です。

で、「え、それ好きなの?じゃあ私も1皿食べてみようかな…」なんてシーンもあったりして…。

たまに唐揚げなんかも流れてきて、「唐揚げか…食べたいけどな…寿司だけでお腹を満たしたい気持ちもある…でも…」とかいって悩んで、結局スルーしたり取ってみて後悔したり、はたまた食べて満足したり…。

なかなか好きなネタが回ってこなくて自ら頼んだり、回ってくるまでひたすら待ってみたり…


人生もなんだか同じような感じなんじゃないかなと。
流れてくる色んな“皿”を“チャンスや物事”に置き換えれば、人生そのものになるんじゃないかと思ったんです。


どの皿を好きに取って良い、批判されたり、はたまた共感してもらえる時もある。たまに失敗する時もある。自ら掴みにいく時もあれば、ひたすら待つ時もある。でも最終的には自分の意思でお腹を満たす(満腹幸せ状態にもっていく)


それぞれのテーブルでドラマがある。


願わくば「こっちの皿もおいしいけど、そっちの皿も美味しそうだね」とか「あれチャレンジしてみたいんだけど、半分こしない?」とか「色々食べれて楽しいね」とか笑って言い合える人達と共にテーブルを囲みたいと思う今日この頃です。

この記事へのコメント