2019年振り返り

毎年年末の誕生日あたりに振り返る事が多いのですが、今年はちょっと早めに振り返りを…。

2019年は何だか3〜5年分くらいの出来事が一気に押し寄せて来たような、それだけ気持ちが大きく揺さぶられる出来事が多かった印象です。

去年の年末に祖父が亡くなり、2月には最愛のririも逝ってしまって、お店を閉じて引っ越しして…
前半は10円ハゲが出来るくらい精神的にキツかったのですが、死生観というか、自分の今後の身の振り方を考える良い機会を与えてもらったと思います。


正直、今後生きていく上で今持っている薬剤師や料理製菓の技術だけでは私は通用しないと思ったし、今後自分がどうしたいのか、どうありたいのかハッキリさせないといけない、何か別の柱になるような物を見つけないと、このままではいつかポッキリ折れて取り返しがつかなくなると思ったのです。もしなんとなく寿命を全う出来たとしても死ぬ間際にきっと後悔するんやろうなって。


この1年は自分がやりたい事やりたくない事のぼんやりした境界をパキッとさせて、自分の限界をきちんと把握する事に専念しました。負けず嫌いでプライドも高いので、自分の限界を見るというのはなかなか辛いものはあったのですが、お陰で今は良い感じで力が抜けてるような気がしています。出来ない自分を認めるという事も大事だと改めて感じています。


とにかく気になってた事、興味を持った事、色んな事に齧り付いては咀嚼して吟味して、自分を好きなように泳がせた結果、自分の為に生きるのはもういいかな…って思うようになりました。

好き放題やって気が済んだという部分もありますし、そもそも自分をガンガン押し出すという事に長けていないという事もきっちり再認識できたし、年齢ジャンル問わず、色んな人と出会って話をして、たまに相談に乗ったりもして、どんなに立派に見える人でも、どんなに明るく輝いている人でも当たり前のように悩みがあって、陰の部分があって。

そういう陰の部分を出せるような場になりたい、残りの人生、人の為に生きていきたいし、ちょっとずつ恩を返していきたい…綺麗事のように聞こえるかもしれないけれど、なんとなくそう思うようになりました。


ただ、人の為に生きるというのが単なる自己犠牲になってしまわないように、今まで以上に自分を強く持っていないといけないと思うし、学ばないといけない事も山積みです。

でもビジョンははっきり見えるようになったし、目標さえ定まればこっちのもんで、後はそれを達成する為に邁進するだけなのできっと大丈夫だと思っています。去年の年末に比べたら気持ちはかなりクリアになっています。

2020年は全ての星座にとって大きな転機が起きやすい年だと言われています。例に漏れずおそらく私にとっても転機の年になるのではないかと何となく感じています。

流され過ぎないように、ハンドルはきっちり自分で握って上手く流れに乗れたら良いなと思っています。

この記事へのコメント