2020年01月11日

2020 年の対策や心構え

2008年や2011年初夏、2015年夏頃を中心に、過去の自分を振り返ってみましょう。大きな変化があったときの対策や心構えなどのヒントがあるはずです

とある山羊座の占いを見ていたら、あまりに具体的な時期の事が書かれてあったので、興味深いなぁと思って、自分が何をやってたか過去のブログを確認してみました。

2008年はちょうどブログを書き始めた年。仕事で打ちのめされ、京都に居座るか実家に戻るか悩み、結果京都に居座る事に決め、そして調理師学校に通う事も決めた年。

2011年初夏は、自分のお店を持つ!って、仕事掛け持ちしてクッタクタになりながら連勤して、開店資金貯める事と経験値を上げる事に必死になってた時期。

2015年夏頃はeskapiを閉めてひのと開店までの空白期間。1年以内に今度こそ自分の理想のお店やってやる!って物件探してどんな店をやるか構想を膨らませていた時期。


確かにそれぞれの時期のその後、大きな変化があって、その準備段階の悶々としていた時期やったなぁという印象。
だとするとやっぱり2020年、何かしらこの先大きな変化はあるんでしょう。惑星の影響を受けやすい性質ですし。

で、対策や心構えなどのヒント…と言われると…うーん…
共通しているのは、目標を掲げて決意して、それに向けて悩みながらも行動を起こして突っ走ったという事?誰か何かに対して“絶対見返してやる!”みたいな負けてたまるか精神を大いにぶちまけていた気がします。

今まで、私の人生は逃げの人生だと思っていたのですが、嫌な事から逃げようとしたというのは間違ないのやけれど、その逃げ方が案外攻めてたんやなと今更ながら…。ちゃんと自分の理想を手に入れようと必死やったんやなぁと思うと自分がちょっと愛おしくなってきます笑

今、その過去の自分のお陰もあってか、そこまで不満のない日常を過ごしていて、誰かを見返そうとか、負けてたまるか!みたいな強い気持ちは抱いてはいないものの、このままじゃいけないという気持ちはやはりあるし、まだ出来ると思うし、思い描く今後の理想というものもあるっちゃある。

過去の自分から学ぶ事…というか過去の自分に対して今の自分がアドバイス出来る事…

それは、“なるようになるから焦らず冷静に判断しなさい”かな。

なんとなく上の3つの時期はなんか焦ってたし、早く結果が欲しいと躍起になってた部分もあったから。その結果手に入れたものが失敗やったとは決して思わないけれど、必死になりすぎて“未来”しか見えてなくて、“今”を楽しめてなかったんじゃないかな…と。結果を手に入れた後の燃え尽き症候群的なものも大きかった気がするし。

だから多分、今の自分に言える事は

“焦らず、今を楽しみながら、出来る事は出来る限りやって、あとは時を待て” ですかね。

ちょうどこの間氏神様の所で引いてきたおみくじにも同じような事が書かれてあったので、多分そういう事なんやと思います。

のんびり参ろう。
“人事を尽くして天命を待て”ですね。
これも昨日読んだ小説にタイムリーに書かれてた笑

34F7CE51-C365-41B7-8462-E77501DE8C5F.jpg
posted by ひのとえり at 19:57| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください