2020年06月04日

努力と苦労

努力と苦労は似て非なるもの。
努力は努める力で、苦労は苦しい労働。

同じしんどい状況でも、“よし、やってやる!”という前向きな感情が出てくるのが努力で、ただただひたすら苦しいだけというのが苦労。

生きていく上で努力は必要だと思うけど、苦労は必要ないと思います。

仕事や人間関係で、どうしようもなくしんどくなってしまうのは、努力と苦労を履き違えているからなのではないかと思います。

日本では特に、成功者の苦労話などが美談のように語られる事が多くて、あたかも成功するには1度苦労や挫折を味わわなくてはいけないみたいな風潮が未だに残っていますが、実際に成功者と言われる人達がやってきたのは苦労ではなく努力なのだと思います。

努力は成功を生み出すけど、苦労は新たな苦労しか生み出さない。
「努力してれば、いつかきっと良い事が起こるんだ!」って信じて頑張っているのに、一向に良い事が起こらない…あまつさえ、どんどん状況が悪化しているように思えるっていう場合、努力ではなく苦労をしてしまっている可能性があります。
それに気づかずに「いや、きっとこれは私の根性が足りないだけなんだ。もっと頑張ってればいつか…」と下手な根性論を持ち出して苦労を続けていると、身体のどこかしらに何かしらの症状が出てきます。そうなったらもぅ、結構な所まで苦労街道をまっしぐらに突き進んできてしまったという事になります。

もう一度言いますが、努力は前向きな気持ちが出てくるものです。この職場が、あの人が、そしてまず第一に自分が、少しでも良くなるようにと努める事です。自分がしんどくなってしまっては意味がないのです。

私は、自分が努力できない、苦労ばかりの仕事や人間関係はすぐにでも手放して良いと思っています。何も生産性がないからです。

環境が変えられなくても、気持ちはすぐにでも切り替える事は可能です。今自分がやっている事は努力ではなく苦労なのかも…と気付くだけでも良いと思うのです。気付いただけでも何かしらの打開策は勝手に頭の中に浮かんでくるはずです。


苦労ではなく努力を。
私も結構今まで苦労街道を突き進んできた感はあるので、しっかりと路線を切り替えられるように努力しようと思っています。

4EB956E7-FA59-41D3-B0AF-D320AC84643A.jpg
posted by ひのとえり at 10:53| Comment(0) | 精神論的な事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください