2020年07月14日

言葉の持つ毒について

毒舌という言葉があるように、“人が使う言葉は、時に蠍が持つ10倍以上の威力の毒になる”というのを何かの記事で読んだ事があるのですが、最近、ネット上の誹謗中傷などで人が死んでしまったりしているのを見ると、やはりそうなんやろうなと思わざるを得ません。

となると人間は誰しもが猛毒、つまり凶器を持っているということになります。この凶器を使うか使わないか、どう付き合っていくのかで人の真価が問われるような気がします。

愚痴や批判、誹謗中傷など、誰しもが自分にかけられて良い気分にはならない言葉というのが毒で、称賛や感謝、許可の言葉など、自分がかけられて気分が良くなる言葉というのは、一種の解毒剤のような立ち位置だと私は認識しています。

悪い言葉を吐くという事は、周りに毒を撒き散らしているのと同じ事。コロナウイルスに陽性になった腹いせに“俺はコロナだ”と店員さんに向かってわざと唾を吐きかけたりする迷惑千万な輩となんら変わりはないのではないかと思います。

“はじめに言葉ありき”
聖書でも有名な文言で、いろんな解釈がありますが、私は“言葉によって自分の世界が形作られる”という意味も含まれているのではないかと思います。

言葉は波動です。波動は同じ波長の物を引き寄せます。良い言葉を吐いていれば良い波動が生まれ、良い出来事が寄ってくる。悪い言葉を吐いていれば悪い波動が生まれ、悪い出来事を引き寄せる。
状況を良くしたければ、まず無理矢理にでも良い言葉を使うようにする事。

これを知ってからは、極力悪い言葉は使わないようにしていますし、そうする事で実際どんどん周りの状況が良くなるという経験もしています。
でも私もまだまだ出来た人間ではないので、たまに愚痴の一つや二つ吐きたくなる時、吐いてしまう時があります。

ついつい愚痴を溢してしまった時は、“でもこういう良いところもあるんだよね…”とか“その人のおかげで自分がそれを嫌だっていう認識ができたんだよね”とかいうフォローを必ず入れるようにしています。
毒を吐いてしまったらすかさず解毒。綺麗さっぱり掃除をすれば、ギリセーフなのではないかと…。

悪口は劣等感の話とも繋がってくるので、悪口は言ったもん負けなのです。結局のところ負け犬の遠吠えにしかならないのです。
大きく成功する人は毒がない人だと思います。自分を守る為の毒を持たない人。良い言葉を吐いて、良い出来事を引き寄せて、周りの人達の毒まで解毒していく。そんな人だと思います。

私も早いところ毒を捨て去りたいものです。

posted by ひのとえり at 15:37| Comment(2) | 精神論的な事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもブログ読ませてもらってます☺︎私はひのとさんの占いのときにかけてもらった言葉で気持ちが明るく幸せになりました。
言葉ひとつで誰かを救うこともできますね。私も、誰かが喜んでくれるような言葉をたくさん持っていこうと記事読んで思いました。
Posted by みよし at 2020年07月28日 20:22
みよしさん
ありがとうございます。そう言っていただけるととても励みになります。
言葉は顔つきにも影響してくるとどこかで読んだこともあります。たくさん良い言葉、きれいな言葉を吐いて、身も心もきれいになりたいですね。
Posted by ひのとえり at 2020年07月28日 22:44
コメントを書く
コチラをクリックしてください