居場所

定住という感覚が自分的には合わず、多分遊牧民タイプなんやろうな…と自らを分析しています。
ある程度その場に留まって、餌を食べれるだけ食べて、餌がなくなったらまた再び餌場を求めて移動する。その場所や環境に執着せずに、状況が悪化すれば良い方向へいつでも動ける状態でいたい。

だから自分の居場所というものは、あって無いようなもの。

世の中、変わらないものってほぼほぼ無いに近しいと思うし自分だって日々変化していく。
自分と同じペースで変化する物事はそのまま維持されるけど、一旦ペースに差が出てくると、どちらかが合わせるか手放すかの選択になると思います。
私は若干迷いながらも最終的には、まぁいっか!で手放すタイプ。

慣れ親しんだものを手放す怖さはありますが、新しいものが手に入るわくわく感の方が私が生きていく上では重要やと今の段階では思います。

居場所の変化時というものは分かりやすくて、例えば人間関係であれば、前まですごく仲良くて会えば話が弾んでいたのに、ある時から全く話が噛み合わなくなって疎遠になった…とか、今まであんまり接点がなかったのにある時から何故か接点が増え出して親しくなった…とか。

今、多分変化の真っ只中で、周囲の環境とか人間関係がグワンと一気に半回転してるようです。お店をやるにあたって、色々たくさん手放したからかな…。
向こうからおいでおいで〜と手招きしてもらってても、川を渡って向こう岸に行くのは物凄く度胸がいること。でも自分の成長に繋がる餌場はそこにある…そんな感じ。

その場所に相応しい人間なのか、そこをとりあえず自分の居場所にさせてもらっていいものか…そもそも川を渡り切れるのか…正直不安と怖さは半端ないのですが、とりあえず、まぁいっか!で飛び込んでみようと思います。向こう岸に着いたらそこにいるみんなと餌を分け合ってしっかりと勉強させてもらおうと思います。

いつかその餌場を去る時が来たら、その時はまたひと回り大きくなった自分がいると信じて。









posted by ひのとえり at 13:48Comment(0)日記

あけっぴろげ

前日、同年代の友人と飲みに行った際に、「ブログにあけっぴろげに書きすぎよね!」と笑われたけど、安心してください!まだまだ深いとこに色々隠してますよ!!
ただ、思った事とか感じた事をそのまんま、書きたい時に書きたいだけ書くようにはしてます。それがあけっぴろげって言うんかな…??

そもそも一番最初にブログを始めたきっかけは、口下手な自分が唯一自分の思いをゆっくり考えながら吐き出せる場所が欲しいと思ったからで、今はそれをたまに見返して自分の成長を測るツールとして利用さしてもらってます。

ドロッドロ、デロッデロの内容のものは非公開にしてるので、自分的には公開しちゃってる記事は比較的あっさりした内容なんちゃうかなぁとは思ってるのですが、(たまに半熟くらいのは公開しちゃってますけど)感じ方は人それぞれですからねぇ。

でもこんなブログでも読んでくれてる人がいるというのは本当にありがたいです。
ブログを通して少しでも興味を持ってもらえたり、私の一風変わった人となりが伝われば幸いです。



posted by ひのとえり at 00:29Comment(0)日記

受け入れる

とりあえず一旦何でも、誰でも受け入れる。
ちょっと難しいかな〜とは言っても、はなから無理!と言わない。
いつ頃からかこの考え方が染み付いてて、そのおかげで今の自分が出来上がってると思います。

赤ちゃんがとりあえず何でも口に入れるみたいに…飲み込むか、吐き出すかは別にして…

何でも受け入れるということは、騙されたり、良いように使われたりとか、危険も伴う事も多いのですが、これもいつ頃からかこれは多分大丈夫、これは気をつけた方が良い…とかいうのを何となく感じる力もついてきました。

数年前何となく齧ってみようと思ったハーブティー。
C1A79B60-E29F-4005-9AB7-E51C37B0720E.jpg
当時はその味が美味しくなくて、勉強事態齧ってみたものの吐き出してしまいました。
数年経って再び齧ってみたら、味覚が変わったのか美味しかったんです。

そこから勉強を始めてみたら、今まで頭の中に詰め込んだ知識と色んな事が繋がって楽しくなってきました。

多分当時はまだ時期じゃなくて、ようやく今飲み込んで受け入れるタイミングが来たんやなって感じます。
そして、今頭で思い描いている方向性は間違ってないんやなと、何となく思うようになりました。


posted by ひのとえり at 10:57Comment(0)日記