1日パンとお菓子屋、第2回目

先月から始めた月一パンとお菓子屋。
第2回目を先週の土曜日に無事開催しました。

今回もたくさんの方々にご来店頂きました。
ご来店下さった方々、ありがとうございました✨
0041419A-6646-466A-92D1-68BDC17119AA.jpg
前回出てきた改善点を踏まえて、今回はお店の家具のレイアウト、時間帯、品数、包装方法などなど、少し変えてみました。

実際にやってみないと分からない事だらけですね。でも前回よりかはお客様の流れや、お会計など多少スムーズに行くようになったかと思われます。あとは慣れかなぁ〜…
0E062459-8F8F-4BE8-98D0-6726377DC96C.jpg
あぁでもない、こうでもない…と家具を動かしたり、出来るだけある物で改善策を考えるとか、自分がどれだけ焼けるか限界に挑戦してみたり…この1日に全てを賭けるが如く、燃えに燃えて、そして終わった後に燃え尽きてしばらく廃人になります。だからやっぱり月一くらいのペースじゃないとしんどくなるんやろなと思います。1年くらいやったら慣れてきて余裕が出てくるんやろな…その前に1年気持ちが持つかどうかやけど…

今回分かった事は、クッキー作りはやっぱり楽しく感じないという事と、パンはご飯に合わせて食べてもらう系の物を勝手に作りたがる傾向にある事。パンに関しては前のお店の癖が抜けてない感じですかね…。パン単体で楽しめるような、いわば大抵の日本人か好むようなパンって作り慣れてないんやろなっていう事がよく分かりました。
あとは余計なスパイスとかハーブとか入れたがるとこ。これは昔からの癖ですが…
なんかしら一癖付けたがるんですよね…。

この点に関しては、独自路線を思いっきし突っ走っても良いんじゃないかなとも思うけど、お客様のウケを考えると多少普通の物も置いとかないといけないのかなぁ…とか。やっぱり癖のなさそうな物から先になくなって行きますから。

とりあえずしばらく月一ペースくらいで続けてみて、お客様の動態とか、商品の出方とか、自分の気持ちとか色々様子を見てみようかと思っています。


お店の場所をオープンにしない訳

最近、ありがたい事にインスタやFacebookページのフォロワーさんが増えてきて、「お店に行きたいけど場所わからへん」的コメントをたくさん頂戴するようになりました。
興味を持って頂けて、さらに来たいとまで言って頂ける。お店をやっていてこんな有難い事はないです。ありがとうございます。
8D89F472-5766-4195-BBD6-9E6A47F08DA4.jpg

ただ、じゃあ場所公開するしみんな来てね!っていう訳にはどうしてもいかないのです。すいません…

というのも、いつぞやの記事(→でも書きましたが、前店eskapiで結構な痛手を喰らっておりまして、(決してお客様に罵倒されたとか、食べログに変な事書かれたとか、借金背負い込んだとか、そういう事ではなく💦)どちらかというと自分の不甲斐なさからくる痛手です。
簡単に言うと、ちょっと疲れちゃったって事なんです。お店を楽しめなくなって、苦しいとこまでいっちゃったんです。
1人で仕込みから接客から経理から何から何まで必死こいてやってたら、ある日プッツンきてしまったという残念なオチです。

これも前書いた事があるのですが、ひのとは私にとってのリハビリ施設的なお店です。前店で負った傷をちょっとずつ癒していって、また「お店って楽しい!」って思えるようになるためのお店なのです。
前のお店で感じた、〝忙しすぎると満足いく接客が出来ない、作業が雑になる、ちゃんと笑顔が作れない〟(お客様はそう感じていなくても、自分ではそう思ってました)という、自分にとっては1番望んでいない状況。これをひのとでも繰り返したくないというのが正直な気持ちです。

お客様一人ひとりに対して、ちゃんと丁寧に接したいと思うし、作り出すお菓子やパンが、ただの金儲けの為だけの商品になって欲しくもない。
接客にしろ、商品にしろ、ちゃんと気持ちを込めたいというのが根底にあって、これだけは絶対に譲りたくない事で…。

ただ、今現在、お店以外に別の仕事もしているし、お店に避ける時間も限られていて、大量生産も得意としない…
お店の場所を公開して、誰でもウェルカムな状態にしてしまったら…あまりよく知らない人と対峙すると極度に緊張して笑顔の仮面を被ってしまう癖が抜けきれてないまま(これに関しては、逆にタモリさんのサングラスが如く、仮面かマスク的な何かを被ってしまえば…とか本気で検討中)接客する事になったら…
前のお店の二の舞になってしまったら…という恐怖が未だものすごくあるのです。

だから、とりあえず友人や関係者など、私をよく知っている人からお店の事を知って頂いて、お店を知った人は別の人にお店を紹介して頂いて…とちょっとずつちょっとずつ輪を広げていく形をとりました。知っている人から徐々に慣らしていこう作戦です。

時代に逆行するようなやり方のようですが、薄っぺらい繋がりではなく、強固な繋がりが出来るという点で、私は良いやり方なのではないかと自分に言い聞かせています。

めちゃめちゃ葛藤はあるんですよ。
皆さんがモヤモヤしてる以上に私もモヤモヤしてると思います。

だって目先の利益だけ考えれば、今皆さんが興味を持ってくれてる段階で、「じゃあ皆んな知りたがってるし解禁〜!ここで〜す♬」って場所バーンと公開しちゃって、バンバンお客さん入れてバンバン売って…ってすれば良いんですもん。

でもやっぱりそれじゃダメなんです。自分の中で許されないんです…。すいません、頑固ちゃんで…

それでもどうしても場所知りたいという方、方法なんていくらでもあると思うんです。

1番手っ取り早いのは私の知人と仲良くなって、その人に連れて来てもらうか詳しい場所を教えてもらうという方法。顔がめちゃめちゃ広いって訳じゃないですが、狭くもないと思いますし、京都は本当に狭いので、どっかしらで何かしらの形で繋がると思います。
ウォーリーを探せが如く私自身を探してねっ!ていうのも楽しそうですね。ちなみに私は絶対に赤のボーダー服は着ません…

その次はお菓子を卸してるお店とか、私がよく行ってるお店とかに行く。で、そこの常連さんになって、仲良くなって場所を教えてもらう。
最近ちょっと卸業もお休みしちゃう事が多いけども…

その次はネット販売を利用する。お店に来れなくても、とりあえずお店の味を知ってもらえるように、頑張ってホームページのネットショップページも作りました。まぁ今の所ガトーバスクホール売りだけやし、送料とか含めたら結構しちゃうけども…
受取時間は限らせてもらってるけど、お店まで取りに来て頂けるのであれば普通に場所お教えしてますし。

そこまでしてまで…って思われる方もいらっしゃると思います。それもよく分かります。

別にお客様を拒絶してる訳じゃないんです。結果的に一見さんお断りみたいになってしまっているけど…
自己顕示欲はめっちゃあるし、たくさんの人にお店の事を知ってもらいたいし、たくさんの人に作ったものを食べてもらいたい気持ちはあります。マルシェとかにもまた出てみたいなぁとも思いますし。だからこその矛盾と葛藤なんですけど…。

とりあえず、現在まだリハビリ中という事です。
骨折して、ちょっとずつ骨がくっつきかけてる所に鉄アレイ落とされたら泣くでしょう?人間不信になって二度と立ち上がれないかもしれないでしょう??(なんか比喩間違ってるかな?まぁいいや…)

だからちょっとずつ…

もう大丈夫!お店やばい!楽しい!って思えるようになったら、もしかしたらバーンと公開しちゃったりするかもしれないし…
まぁその時にはまた場所変えちゃってるかもしれないけど…


まぁ繋がる時は自ずと繋がりますし、繋げようと思えば簡単に繋げられます。

お互い焦らずゆるりと参りましょう。


1日パンとお菓子屋

先日の土曜日は1日パンとお菓子屋をやってみました。

2A4AF5A9-840A-4C0C-AB94-7288C726D51A.jpg

お久しぶりの方も、初めましての方もたくさんご来店下さって、とても嬉しい1日になりました。

途中お客様が重なってバタバタとしてしまい、かなり長い事お待たせしてしまうという場面もありましたが、皆さん温かく見守って頂いて、感謝感謝です。

今回でなんとなくの流れと改善点も分かったので、今日からちょっと考察してみて、また次回に還元できたらと思っています。


小さい頃に好きだった絵本、“カラスのパン屋さん”から、多分私のパン屋さん願望は構築されていって、数十年の時を経て、今回またひとつ小さな夢が叶った感じです。

9E10C94E-9F67-4834-A5D9-62D50856E68C.jpg


やってみたいという事を怖がらずにとりあえずやってみる…という事はここ数年で出来るようになったのですが、“やり続ける”という事はやっぱり苦手とする所で…。叶っちゃったらどうでもよくなるというのが私の悪癖。でも続ける事の大切さは重々頭では解っているので、とりあえずしばらく苦にならない程度に続けてみようかなと思っています。それによって見れる景色という物にも年々興味が湧いてきています。


やってみたい事は他にも色々あるので、それもやりながら、自分に合うものを取捨選択していって、細く長く出来るようになればベストですね。


にしても、お菓子とかパンの売れ行きを見てると、やっぱり私の感覚はちょっとズレてるんやろなぁって思う節があって。

でもまぁ、一般ウケする物は他のお店さんに任せておいて、私は私で作りたいもんを作ってればいいかって開き直れるようになったのも、ここ数年でのひとつの成長ですね。


自分の味覚を信じて、自分が美味しいと思えるものをひとつひとつ丁寧に作る。それに付随して美しさっていうものがくっついてきてくれたら…っていうのが今の所の目標。

真面目にコツコツと…焦らずひとつずつ真摯に向き合っていこうと思っています。