桜ごと

4月に入って、新しい節目を迎えた人も多いようですね。
この仕事をしていると、そういう行事に疎くなって、たまに置いてけぼりをくらったような感覚に見舞われる時がありますが、今日から新生活だから気持ち新たに…とか、振袖を着たから今日から大人とか、学生服からスーツに変わったから…とか…なんか全くもって意味がないなと、昨日の今日で中身は同じやし、むしろ日々の生活の中でのほうが成長を感じられるようになったので、私には置いてけぼりをくらうような職種の方があってるんやと思っています。

さて、この時期の京都はえぐいことになっていて、穴場と言われてた所も穴場じゃなくなり、年々外に出る気力すら薄らいできていますが、やっぱりどこかしらで桜は愛でたい訳で…
61598106-8857-4BD3-B9F7-C935BAFBC0DA.jpg
なるべく人がいない、なおかつ目的を持って行くんじゃなくて何かのついでに行ける所を求めて…。わいわい花見も楽しいけど、1人静かに桜を愛でたい時もあるのです。
0CA80AB6-CC53-4812-8181-DD7F04998036.jpg
下を向いて咲く桜は、寒い冬空で下を向きがちやった人達に「こっちやでぇ〜上向いてみぃ〜」と語りかけるようで、その優しいピンク色の言葉にまんまと上を向いてしまうのです。
ED0DAF49-BF08-4517-9009-2D11C8ED61DC.jpg
ひらひらの衣装を着てふわふわ踊るバレリーナみたいに、華々しくキラキラしてる子達も可愛いけど
A18911C5-3B01-430E-8574-9AE898328157.jpg
次は私の出番!と舞台袖でワクワクドキドキしながら待っている若々しい新芽も愛おしい。

もうすぐ私の好きな新緑の季節がやってきます。新緑の時期はもっとうろうろしようかな。


桜咲く

2115E825-837C-4F70-AE8C-09A7B93880A9.jpg
京都の早咲きの桜といえば出町柳のおかめ桜ですが、一条戻橋にも早咲きの桜がある事を今年初めて知りました。春にこの辺りはあんまりうろうろしてなかったのかなぁ??
ソメイヨシノのほんのりピンクも好きやけど、こういうピンクらしいピンクがとても好き。

三寒四温とはよく言ったもので、あったかくなったり寒くなったり、この時期が一番体調崩しやすいですね。皆様風邪など召されないように…

そしてこの時期は周年を迎えるお店が多いような気がします。
お友達のお店も周年を迎え、お祝いにお店のロゴを模したパンを焼いてみました。
164EFA93-E302-4B65-9554-72E48B6E69C6.jpg
造形大近くのcafe wakkaちゃん、東福寺近くのふ和りさん。
2人とも以前バイトをさせて頂いていたカフェ出身。2人とも私が辞めてから出逢ったので、一緒に働いた事はないけど、何故か仲良くなった不思議なご縁。
自分にとっての必要な出逢いは図ったかのようにベストなタイミングで訪れるもんですよね。


紅葉

一気にとんでもなく冷やっとしてきた京都です。
FD1B6036-9CF3-4589-8407-1D62626FDF70.jpg
紅葉も進みに進んで観光客も一時に比べたら徐々に落ち着いてきたかなぁ…

この間、SNS上のとても綺麗な写真を撮らはる方の投稿を見ていて少し違和感を覚えました。

春と秋の京都はどこにいっても観光客だらけで、紅葉よりも人を観に行ってるような感覚にさえ陥ります。
その方は写真に人が写りこまないようにわざわざ朝早起きしてお寺に向かい、静寂の中、紅葉と建物の美しさをカメラに収めているとの事。
ただ、その日はその方よりも先客がいて、縁側に座りお庭の美しさを愉しんでおられたようで。
綺麗な写真の投稿とは裏腹に文字では「朝っぱらから縁側陣取ってんじゃねぇよ。早くどけよおっさん」…と。

さて…どちらが悪いのか…

そりゃ、折角早起きして人がいない時間を狙って行ったのに写真を撮りたい場所に人がいて撮りたいのになかなか退いてくれなかったらイライラもするでしょう。

でも本来お寺は写真を撮る為の場所ではないはず。静寂とお庭の美しさを実際に目で愉しんで感じているおじさんを邪魔者扱いするのはちょっと違うのではないかと…。

最近徐々に撮影禁止の場所が増えてきているのも、そういった履き違えをしている方が増えてきているからではないのかなぁ…

お互い様といえばお互い様なのかなぁ…なかなか難しい問題ですね。