生まれてきた理由

もはやお店のブログなのにお店の情報でなくて、店主の思考をただツラツラと書き連ねてるだけなブログになってるのですが、たまに来る書きたい衝動が抑えきれないので、勝手に書かせて下さいね。
このインスタ見て〝行ってみたい!〟って思ってブログ読んで〝この店主ちょっと…ヤバめなお店…?〟ってなる人もいるんやろうな…。

合う合わないはやっぱりありますからね。

このブログ読んでも会いたいと思ってくれる人が1人でもいてくれたら…ん〜別にただの自己満日記やから、いてくれなくても大丈夫です。

ただ、読んで何かしら感じて、それがその人の何かしらの原動力になってれば嬉しいですね。


生まれてきた理由っていう、何か壮大なタイトルつけちゃってるんですけど、生きていれば何回かは〝生まれてきた意味〟とか考える機会にぶち当たると思うんです。
私なんかはどうしても深い所まで思考が入り込んでしまう癖があるので、ついつい〝何の為に生まれてきたのか…〟とか悶々と考え込んでしまうのですが、最近よぅやっと良い答えに辿り着いた気がするので、メモっておこうと思いました。

生まれてきた理由=自分を喜ばせる方法を会得する為

この考え方が私には一番しっくりきました。

今まで思考癖にハマっちゃってる時に、そらもぅネットから本から色々調べまくるんですが、

・魂を磨く為の修行
・カルマ(前世の罪)を解消させる為

とか色々出てきて、まぁ確かにな…くらいの感覚で自分を納得させてたんですが、ついこの間ぶち当たった記事にこぅ書いてあって、これや!って久しぶりに視界がパァ〜って開けた感じがして。

常に自分が心地よく感じる状態、喜んでいる状態を保つ方法を見つける為に生きている

​目の前に起こる嫌な出来事や、望まない状態は、自分の〝本当はこうしたい、こうであってほしい〟〝これは望まない〟という願望を自分自身で認識する為に起こる、いわば自分にとってのチャンスやという事。

〝私はこぅいう状態を望んでる〟〝これが欲しい〟が明確になれば、あとは天任せでその状態が訪れるのを待つだけ。あとは有難く受け取るだけ。

修行とかカルマとか言われちゃうと、頑張らんと!ってなってしまうけど、自分を喜ばせる為に生まれてきてると思えばちょっと気が楽に生きていけるんじゃないかな…と。


ちゃんとする

年明け頃から感じている〝もっとちゃんとしよう…〟という感覚。
これは、もぅいい歳なんだから…とかそぅいうのんも多少関係するのかもしれないんですが、もっと根本的な所からの改善を意味してる気がします。

〝ちゃんと自分と向き合う〟とか
〝ちゃんと自分を認める、芯をより強固にする〟

といった感じでしょうか。

これまでは自分に自信がないから、他人に認めてもらえるように、他人を見返すように頑張るという事を繰り返してきたのですが、自分が自分を認めていない事によって上っ面だけ強固になっていって、中身がスカスカ…みたいな感じになっている気がしたのです。

陶器の器みたいに、何かの拍子に衝撃が加えられればすぐに割れてしまう。

中身を入れて、重くして動かないようにするか、表面を柔らかい物で包むか…が必要になってくる。

私の良いところ、悪いところ、全てをひっくるめての自分を見つめ直す。星回り的にもそんな年なんやろうなと思います。




頑張り屋さんが欲しい言葉

出来る人、出来てしまう人、頑張れてしまう人が本当に欲しい言葉って、
〝すごいね、流石だね〟でもなく

〝頑張ってるね〟でもなく

〝何も出来なくても、ここに居てもいいよ〟やと思う。

なにかをやって褒められるよりも、ただ生きているだけの何にも持たない自分を、存在を認めてもらえる事が何よりも嬉しいし、大事やと思う。

出来る人、頑張れてしまう人は、自分の居場所を見つけるのが不得意な人が多い気がするから。