おもてなし

茶道を習い始めてしばらく経って、初めの頃は所作ばかりに気を取られていたのが、最近はちょっとずつ慣れが出てきたので、慣れるのはいいけどダレたらあかんと思って、秀吉がそこにいるっていうのを想像しながら稽古するようになりました。ヘタしたら速攻切られる…みたいな緊張感…(笑)千利休てほんまにすごいな…

それはいいとして、最近「本当のおもてなし」っていう事を真剣に考えるようになってきました。おもてなしを学ぶ事こそ茶道の稽古の真髄ですよね。

おもてなしの語源っていくつかあるみたいですが、「表裏がないこと」「モノをもって成し遂げる」とかが語源としてよく言われているようです。

すべての人に対し、表裏のない気持ちで接する。
在る物、在るだけの気持ちで客人、当主共に気持ちよく時間を過ごせるように成し遂げる。

これって日常生活を送る中で、人として当たり前の事やと思うんですが、当たり前の事を当たり前にこなすのが一番難しいんですよね。実際私出来てないですもん。よくお菓子作るときに気持ちを込めて…とか言うてる割に裏がありまくるし、こんなもんで許してもらおう…とかの時も正直あるし。

気付くか気付かれないか、くらいのさり気ない気遣い。これってものすごく細かいところまで気を配らないと出来ないし、その都度起こる色んな状況に臨機応変に対応しうる色んな能力を身につけなければならない。

せっかくもてなす側に立つ機会を多く与えてもらっているので、習った事を日常生活の中に還元できるようになりたいものです。
きちんとした「おもてなし」が身について、さらっとできるようになるまであと何年かかるかは分かりませんが、ちょっとした意識は常日頃心がけていこうと心に決めた今日この頃です。





ショートカット

髪の毛を切りました。そらもぅバッサリ…
ここまで短くなったのは初めてくらいのショートです。

会う人会う人にびっくりされますが好評のようです。自分の中でも今までの髪型の中で1番外見と中身のギャップが少ない髪型なのではないかと思っています。

髪の毛っていうのは昔から呪術とかにも使われるだけあって、念とか想いとかが宿りやすい部位やと思います。死んだ細胞やからかな?

それを自分の身体から切り落とすって、やっぱり色んな想いとかが削ぎ落とされる感覚で、本当に髪を切ってから、それまでの自分の中のモヤモヤとかどんよりした部分が一気になくなりました。

それと同時に色んなアイデアが湧き出てきて、今それに対応するのに必死です。澱んだ水を全部抜いたら綺麗な湧き水湧いてきたみたいな…
頭はめっちゃ働くのに身体がついていかへんくてめっちゃもどかしいけども。

とりあえずアイデアは書き溜めていて、簡単に出来そうな物から順にこなしていく、それが出来たら作業に自分を慣らして効率を上げていく流れ。

今年は土台作りの年みたいやけど、本当にこれからのひのとの基盤になるような作業を最近毎日やっています。

早く結果を求めてしまう自分にとって、すごくしんどくて厳しい時期やけど、アイデアが出ない時より断然楽しいし、本当にこれが出来たらこの先楽しいんやろなって思えるので、今はぐっと耐えて(耐えてというより楽しみながらの方が状況的に合ってるかも…)真摯に取り組もうと思っています。イメージさえしっかり出来たら全部具現化できますから…

多分髪を切りたくなったのも、自分を変えようっていう能動的な意識からではなく、どちらかというと自分の中で無意識のうちに逆らってた部分がなくなって、今までにない自分を受け入れる準備がやっと出来たっていう、受動的な感じなのかなって思います。

山羊座は生涯のうち何回か生まれ変わる…
多分そのタイミングがまた来たんやろなって感じです。

突拍子も無い事を言い出したり、なんやかんややってのけちゃったり、全部しょうがないんです。
思いついちゃうし、やっちゃうし、出来ちゃうんやから…それをやらないっていうのはしんどいから。

どんどん違う景色を見たいから。全部受け入れながら、変わり続けながら走っていきます。
340A1B36-1221-433D-BBEE-83E16CF246EF.jpg






はやく…

なんの拍子にか分からないけど、急に頭にイメージがポンと浮かんで、そしたらそっから一気にドド〜っとアイディアが溢れ出てきて…。
今まで封印されてたんちゃうかっていうくらい何にも思いつかずに迷走してたのに。

ヘレン・ケラーが水に触れた時のエピソードみたいに、ドキドキとワクワクが止まらなくって。

とにかくはやく…はやく…形にしたい。

またパソコンと向き合わなきゃいけないけど、しょうがない。泣いてでも吐いてでも完成させる!