努力の才能

何かしらの目標がないと弱る人間です。本当にダメウーマンになります。
実はひのとをオープンしてから、つい最近まで目標を見失っていた…というより目標の的をしぼりきれずに舵を切れない状態やったと言った方がしっくりきますね。

ひのとをやる前は、「前のお店を閉めてから1年以内に新しいお店をやる!」っていうのを目標にがむしゃらに突っ走ってきたので、それが達成されてしまってから「ふぅ…さて、この先どうしようか…」とここ1年ほど腑抜けになってたのです。

多分、普通の人ならお店の維持、繁栄を次なる目標にするんでしょうけど、自分の中でいまいちそれがしっくり来なくて。
前にも書いた事があるのですが、ひのとは自分にとってリハビリの場のような物で、これが私の見据える最終形態ではないんです。(がむしゃらに作っておいて訳分からんと思われる人が大半やと思いますが…)
多分、自分の新しい拠点を創りたかったんやと思います。あと、前のお店で出来なかった事をやりたいっていう気持ちと、自分の力でここまで出来るっていうのを証明してみたかったっていう気持ちと、絶対有言実行させたるっていう意地とプライドですね。

ひのとをやりだしてから、自分がどうありたいのか、どうすれば日々機嫌よく過ごせるのか…っていう事をひたすら考えてたのです。
強みはたくさん持ってるはずやのに、それを活かしきれてないっていうのがずっと頭のどこかに引っかかっていて。あれやこれや考えては試しにやってみて、でもやっぱしっくり来ない…の繰り返しで…
だからお店の営業形態とかがボンヤリしすぎてて、お客様には迷惑をかけてしまってます。すいません…

で、つい最近、ネット販売のなんやかんやが落ち着いてきた頃に急に閃いた事があって、そっからいくつかの点が線で繋がって気持ちがスッキリしたので、しばらくそれを目標に頑張ろうと思います。

目標さえ定まればこっちのもんで、どんな苦難にも耐えられる自信はあるし、努力も苦ではなくなるので、ひたすら突っ走るだけです。
この性格はある種の天から授かった才能やなって最近思います。
正直しんどいけど…でもそんな自分を結構気に入ってたりします。
何かに追われてる時ってめっちゃ休みたいって思うんですが、休んでたら休んでたで鬱々してくるので、やっぱり私は死ぬまで突っ走ってないとあかんのやと思います。しんどいけどね、正直めっちゃしんどいけど…壁ぶち壊しながら走りぬいて、最後の壁を壊して力尽きてパターンと死ぬのが理想的。

さ、今日も頑張ろ〜







模様替え

気分を変えたくなった時に模様替えをしたくなるのは昔からの癖です。
一度したくなったらもぅ気持ちが止められず、その時に一気にやってしまわないと気が済まないタイプ。なので夜中であろうが朝早くであろうが関係なくゴソゴソと家具を動かしてしまう近所迷惑な奴です。

模様替えする時はまず頭の中で大まかな家具の配置を考えて、そこから動線やら配線やら作業効率やらを考えて微調整を加え、よ〜いスタート!で動き出します。
だいたい夜に頭の中で新たな部屋のイメージと作業予定を組み立てて、悶々としながら朝を迎え、迷惑そうなririを尻目に、朝ご飯もそこそこに動き出すパターンが多いですね。
45C6E2DD-66D6-40C6-AA30-E3461B39BB93.jpg

動かしつつ、家具の下に溜まってた埃とかを掃除しつつ、要らないものは捨てつつ、物の居場所を変えつつ…いそいそ動いてる瞬間も気持ち良いのですが、途中ぐっちゃぐちゃな部屋に佇んで、次はどこに手をつけようか…と途方に暮れて数分間ぼ〜っとする瞬間も案外好きやったりします。


多分これは私の変なこだわりやと思うのですが、床やテーブルの面がある程度見えていないと気持ち悪くて、例えばテーブルの上に物がゴチャゴチャ置かれてて、書類なんかがわさーっと広がってる…みたいなのが耐えられないのです。とりあえず何でもかんでも重ねて端に寄せてしまいます。ある程度テーブルの面がこんにちは!してたら問題ないんですけどね。
だからラグを敷くのも好きではないですし、部屋のど真ん中にテーブルとかソファがあるのもあまり好きじゃないのです。床が見えてる面積狭くなるし動線が悪くなるし…。インテリア的にはそっちの方が素敵になるんですけどねぇ…それより床面積を気にしてしまいますねぇ…し、その方が掃除もしやすくないですか??急いでる時とかに部屋で遠回りせなあかんかったり、ソファとかテーブルとかに脚をぶつけるのとかが物凄く嫌いですし。…そもそも急がなくてもいいようにゆとりのある生活を送れてれば良いだけの事なんですけども…

模様替えの良い所は、気分が変わるっていうだけじゃなくて、今の自分に必要なものと必要のないものを知る一種の断捨離効果もある所です。
多分風水的には、滞ってた気の流れを変える事で自分の気持ちも変わるって事なんでしょうけど。

とにかくじっとしていられない達なので、居場所も職もコロコロと変えてしまいますが、最近ようやく出来る事というか、役割というか、今まで靄がかっていた事がちょっとずつスッキリしてきたような気がします。後はいかに自分が日々心地よく過ごせるように環境を整えていくだけですね。そこが大変やけども…





喜怒哀楽

最近周りの人達を見てて思ったのは、喜怒哀楽の表現はきちんと表に出した方が良いという事。

昔から人の顔色を読むのが得意というか、悪い癖というか…人に合わせた方が世の中上手い事回ると信じて今まで生きてきたのですが、最近そぅでもないなぁ…って思っています。

人ってそこまで人の事を気にかけてないし、自分が我慢すれば上手くいくとかいう考えはただの自惚れなんやろうなぁと。

自分の感情を抑えてまで一緒にいるという人間関係は多分いつか限界を迎えるし、だったら自分の感情をストレートにダイレクトに伝えて、それが許容される関係性の中で生きていった方が楽やし楽しいと思います。

この間、成り行きで子供と遊ぶ機会を頂いて、数時間一緒に遊んでいたのですが、子供って本当にストレートに感情をぶつけてきて、そのひとつひとつが本気やし、こちらの気持ちにも敏感やから、こちらも本気で返さないとって思わされたんです。
10代、20代前半の頃って、幼稚園児とか小学生の相手って本当に苦手で、どう相手したら良いのか分からなかったんですが、最近になって子供を子供として見るのではなくて、同等の人間として見て接したらとてもスムーズに意思疎通ができる事に気がつきました。子供って身体は小さいし力も弱いけど、中身は大人以上に大人やったりするんですよね。学ぶ事もたくさんあります。逆に中身子供な大人って多いなぁとも最近よく思います。

社会人になって、自営業になって、輪が広がって、年齢って本当にどうでも良い事で、年上でも年下でも、考えてる事が似てる人は似てるし、合う人は合うし、合わない人は合わないし…年齢じゃなくてそれを基準に生きていれば、より色んな事を学べるんやろなと思ってます。

そんな中で、喜怒哀楽をよりよく表現するために、衰えてる表情筋を鍛え治さんと…という気持ちと、例えばイベント出店なんかをする時にお面を被ってたら気持ち楽に接客出来るんちゃうか…とか思っちゃう気持ちと…。

まぁ、何をもって喜怒哀楽を表現するのかは人それぞれですから…。
少しずつ自分をダイレクトに出せるようになっていこうと思う今日この頃です。