価値観

気持ちをニュートラルに持っていくというのは、この世で生きていく上でとても重要な事やと思うのです。
昔から人の顔色を伺いながら生きてきた節があるので、話している相手が喜怒哀楽のどの感情を持っているのかは相手が隠していたとしても何となく分かるし、それに引き摺られるとか、相手の感情にビクビクしながら対応するという事象が過去に多々あったのです。

もちろん、そういう生活は物凄くしんどかったので、どうにかして鈍感になろうと色々と訓練しました。

その中で、〝人の価値観の中で生きない〟という考え方が結構役に立っています。

何か自分にとって攻撃的な事を言われた時とか、自分がネガティブ思考にはまっていて、何を言われても凹んでしまう時とかに、「それはあなたの価値観ですよね…私の価値観は違うんですよね」って心の中で呟くようにしています。

声に出してしまうと角が立ってしまうかもわからないので、とりあえず心の中で。

相手は相手の価値観で生きてきたし、私は私の価値観で生きている。

どちらが悪いとかではなく、ただ、人ってそれぞれだよねって思えたら、ちょっと気持ちが楽になるんです。

相手の価値観に合わせようとして、自分の価値観を曲げてしまうと自分がしんどくなる。逆に相手に合わせてもらうのは相手にとって負担になる。

「私の価値観はこうやから!」って突っぱねてしまうとそこで終わってしまいますが、お互いの価値観を「あぁ、そういう考え方もあるんですねぇ…私とはちょっと違いますねぇ、私の考えはこんなんなんですよぉ〜、色んな人がいますねぇ」って、ただただ認めてしまって、押し付け合わなければ人間関係って上手くいくと思うんです。

自分の中での価値観である〝こうでなければいけない〟概念って結構たくさんあって、でも人にとってはそれは〝こうでなければならない〟事ではなかったりする。相手にも〝こうでなければならない〟を求めるからイライラしたり、モヤモヤしたりする。

私は私、相手は相手。

誰かに決められた価値観の中では生きない。
でも相手の価値観も自分の価値観もどちらも否定しない。

そうやって生きていきたいのです。

目下の目標

他のお店のお菓子とかを食べる機会があると、〝私もちゃんとしないとな…〟ってなるんです。
決して普段手を抜いてるとか、ちゃんとしてないっていう訳ではないのですが、改めて気をひきしめ直すというか…。

最近はお菓子作りに対する気持ちが、以前とはまた変わってきた感じがしています。

より美味しいものを…、より人を楽しませるものを…そして自分にしか出来ない事を…という願望が強くなっている気がします。

歌とか映像とか演技とかで、人の感情を揺さぶる物があるように、感情を揺さぶれるほどのお菓子を作る事が出来たら…と思っています。

食べ物はそれだけ感情に訴えるだけの力を持っていると思うから。

人を泣かせる(感動の方で)程のお菓子を作るのが目下の目標です。


好きの掘り起こし

もぅ3月ですって。
この間やっと年越ししたと思ってたのに…早いですねぇ。


最近は〝自分の好き〟探しをする日々を送っています。探すというよりも〝掘り起こす〟という方が正しいのかもしれません。


物心ついた頃から、〝他人に褒められる為に〟色々と頑張ってきた節があるのですが、褒めてもらう事が目的になってしまって、どこかに〝好き〟を置いてきてしまったようで…。


つい最近の出来事なのですが、人から褒めてもらう為に積み重ねてきた物たちが、評価されるに値しない、ほぼ無意味な物だという事が露骨になってしまって(全部が全部、全くの無意味とは思ってはいないけれど…)、そしたら、そこが評価されないとすれば、自分は何も持っないなと感じてしまったのです。

使えると思ってた武器が、全部見てくれだけのフェイクで、実際の闘いでは全く役に立たなかった…みたいな。
刀抜いたら花束出てきてビックリ!みたいな…
もしくはピストル撃ったら旗とかキラキラ出てきて…とか。

人の評価を求めて成し遂げた事は、例えその時評価されたとしても、それはほんの一時的な事で長くは持たないし、満足できない。
長持ちしないし満足できないから、また評価を求めて…の繰り返し。躍起になって繰り返して行くうちに、人に認めてもらおう、好きになってもらおうと、何をするでも人に気を遣って、どんどん自分を見失っていく。


結局のところ〝好き〟がないと長くは続かないし、〝楽しい〟がないと何かを本当に身につける事が出来ないし、満足感も得られない。


少なからず、今の私は、何か長く続けられる事を求めていて、それには自分の〝好き〟をハッキリさせないといけないと思ったのです。そしてやっていて何か楽しくてワクワクするものを見つけないといけないと思ったのです。


それで、とりあえず、今身の回りにある物や、起きる出来事の〝好き、嫌い〟の仕分けを始めました。あとは他人の評価を気にしだす前の、小さい頃好きだったものを思い出すという事。これが好きの掘り起こしの作業。


これまた面倒くさくて、なかなかの重労働なのです。
今現在も沼から這い出そうともがいている最中なのですが、ひとつ良かったと思えるのは、昔のもがき方とは今回はちょっと違っていることで。
今までなら、もがきながらもちょっとでもスマートに、いかに何もなかったかのように振舞えるように、多分そこでも人様の目を気にしていたのですが、今はそんな事気にしてる余裕がないというか…というより、むしろ沼の中でバタバタしてる自分を滑稽やなってちょっと愉しんでる感覚です。

とても良い変化やと思います。


掘り起こしの中で、小さい時に一時〝画家になりたい〟と思ってた事を思い出して、親に現実を見なさいって言われてその夢はすっかり醒めてしまってたんやけど、そぅいえば絵描くの好きやったんやんなぁ…って事になったので、とりあえず絵を描く事をもう一度やりだしました。

基本的にはイラストというよりも写実的な物の方を得意とするみたいです。昔から真似るのは得意ですから。
4C88FC35-F3D8-4257-9793-6710009B75EF.jpgCBE31E95-DAC6-4AF1-804A-26CB0A3DFAFF.jpg

あとはお菓子でも、純粋に作りたいと思った物をただ作るという事。もちろん商売として成り立たせる為に儲けとかも考えないといけないのですが、小さい頃にただひたすらに作っていた頃の感覚を取り戻そうと思って。多分その方が色々とうまくいく気がして…。

ちょっとずつ、ちょっとずつですが、また一つ大きく成長できそうです。