人の話は参考程度に…

お店をオープンするために何から始めたら良いか分からない…人に相談するのも苦手やしなぁ…
とりあえず本屋行って指南本でも読んでみるか…

っていうのが私のパターンでした。

今は本屋に行ったらたくさんの開業指南本が出版されてます。私も何冊か買って読みました。

で、読んだ感想としては、うーーーーん…なんかまどろっこしいなぁ……でした。

これは私の性格が大いに関係してるとは思うのですが、基本的に説明書とか読むのが苦手やし、やりながら使い方を会得していくタイプなので、買ったは良いものの途中まで読んでブックオフに持って行ってしまいました…

例えば何かを買った時に説明書を読んだり、順序だてないと気が済まないとか、そういう人なら読んだらとっても参考になると思います。
でも私みたいなタイプの人は本代がもったいないので、お店をやってる人に直接相談に行った方が良いと思います。本代を代わりにお店に飾る小物とかに使えますから。

ただ、どちらにせよ大事なのは、“書いてある事を鵜呑みにし過ぎない”、“人の話を聞き過ぎない”ということ。

何を言うてんねんて思われるかもですが、例えば、色んな本を読んだり、色んなお店の人に聞きに行ったりした場合、書いてある事も言われる事も千差万別なのです。

それもそのはず、お店の規模も、従業員数も、出してる場所も提供してる物もそれぞれ違うのだから。

だから前の記事とも連動するのですが、自分である程度のお店のイメージを固めないまま色んなお店の人のとこに相談に行っちゃったりすると、あっちゃこっちゃで言われたまんま、思考もあっちゃこっちゃ行ってしまって、考えがまとまらなくなって「キィィィーー!!」ってなります。で、結局自分が何をやりたかったのか分からなくなって、気づいた時には自分が思い描いていたお店とは全くの別物が出来上がって、あれ?私何してんねやろ??…な〜んて悲劇が起こりかねないのです。

だからまずは自分の中でお店のイメージをある程度固めておく事が第一。
あと、人に相談するのも良いのですが
・自分がやりたいと思っているお店に似た形態、雰囲気のお店の方に絞って相談にいく。
話はあくまで参考程度に、必要な部分だけ上手にピックアップして自分のものにしていく。
って言う事が大事になってきます。

あと、よくあるのが、お店をやってない人から
「えぇ〜辞めときなよ〜。絶対無理だってぇ」とか言われたりする事があるかと思います。家族から反対されたりとかのパターンとかもよく聞きますよね。
そういう人達の言葉に対しては「自分でやった事もないくせに勝手に決めつけてんじゃねぇよ!」もしくは「なんくるないさぁ〜」と軽く受け流せるようになって下さい。
たまにお店をやってる人からも「辞めといたら?思ってるよりしんどいよ」って言われる事もあります。そんな時には「なにくそ!見とけよ!絶対やったんねん!」もしくは「まぁ、そうは言うてもなんとかなると思いますし、なんとかしますよ〜」くらい思えるようになって下さい。
それくらいの強さと勢いは持ってないとあかんと思います。
それを言われて「え…やっぱ私には無理なんかな…」とか思っちゃう程度なら本当に辞めといた方がいいです。多分準備段階で即効精神的にやられます。

とにもかくにも、イメージング第一。
自分のお店をはっきりと頭の中で具現化できるくらいイメージをしっかりと固めて下さい。細かい事はそっから徐々に考えていきましょう。人に話を聞きにいくのもそれからです。




とりあえず

お店をやりたいなぁって思って、じゃあまずお店をやってる人に相談してみるかなぁ…?と思った時には、まず

“自分の本気度はどれくらいか”

ということをまず自分に問い掛けてもらいたいのです。

ここで、
①既に物件を決めている
②お店で出す物や、ジャンル、コンセプトなどが自分の中で固まっている
③自分がやりたいお店の雰囲気、来て欲しいお客様の層が決まっている

最低でも上記のどれかを満たしていれば全くもって問題ないのですが、

なんとなくカフェやりたいねん…とか
いつか出来たら良いなぁって思ってるんです〜…とか
友達とかが来てくれるだけでええねんけど…とか
物件はネットでは見てるんやけど〜…とか

その程度の事しか言えないような人は、ハッキリと言ってしまいますが何年経っても自分のお店は持てないです。多分時間の無駄ですし、相談に来られても話にならないし、迷惑な部類になってしまいます。

本気でお店を出したいと思っているなら、①は無理でも②③のどちらかくらいは、すぐにでも考えて固められると思います。

お店をやり出したら分かる事なんですが、お店をやってる人って、やってない側の人が思っている以上に忙しいです。(まぁ、うちはそんな忙しくないんですけど…)その忙しい時間を割いて相談に乗ってもらうということが頭にあれば、自ずと自分が取るべき態度は分かってきますよね?
聞かれる側も、相手の本気度はすぐに見抜きます。相手が本気であればあるほど本気で応えたくなるし、応援したくなるもんです。

とりあえず、お店をやりたいと思ったなら、目指せ1年以内!くらいの気持ちを持って頂きたいのです。いつか…なんて言ってても、そのいつかはいつまで経っても訪れません。
実際には物件の出方とか仕事の関係とかで、なかなか思うように進まないかもですが、気持ちだけはとりあえず1年以内!で、もちろん3ヶ月以内で!とかでも良いのですよ?多分難しいと思うけど、全くの不可能ではないと思います。

お店をやりたいなら、とりあえずそれくらいの本気度を持ってから相談しに行ってくださいね。

お店開店するまで

最近、「これからお店を始める予定があるんやけど、何から始めていいかわからへんし教えて…」みたいな相談を受ける事が何件か立て続けにあったので、そういう人って結構いるんやなぁって思って…。
実際私も最初のお店をやる時は何から手をつけたら良いか全くもってちんぷんかんぷんやったし…


eskapiを辞めてからひのとの準備をする時は、なんとなくの流れが分かっていたので自分の思うようなお店作りに専念できた気がするんです。

eskapiの時はほとんど業者さん任せというか、「こうしましょうか」って言われて、「じゃあそれでお願いします」みたいな、分かんないから任せるしかなかった感が結構あって、後になってから、これ必要なかったなぁ…とかもっとこうしたかったんやけどなぁ…っていうのが出てきたので、これからお店をやりたいと思ってる人達がそういう思いを少しでもしないで済むように、お店が出来るまでの準備とか、やっといた方がいい事とかをちょっとずつ書いていこうかなぁと思っています。

お店を続ける方法とかは私にもまだ分からないので、とりあえずお店を開店するまでの事に特化したものになってしまいますが…少しでもお役に立てれば良いなぁと思ってます。

と言うわけで、新しいカテゴリ「お店を開店するまで」を追加しました。徐々に記事アップして行きます〜