2020年07月29日

運気の良し悪しについて

占いをしていると、“運気が良い時期、運気が悪い時期“みたいな言い回しをよく見かけます。そしてよく聞かれます(笑)

結論から言うと、私は運の良し悪しは結局はその人次第、自分で決めるものだと思っているのです。なんだか煮え切らないなぁと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。


大抵の人は、運気が悪い時には悪いことがたくさん起こる、運気が良い時には良いことがたくさん起こる…みたいに思っていると思います。

運気が悪いと言われている時の悪い出来事というのは目立ちやすいのですが、運気が良いと言われている時に“あぁ〜運気が良いなぁ”と感じる人はあまりいないようです。

どちらかというと“今年は運気が良いはずなのに、一個も良いことないんやけど…どういうこと?!”と、憤慨している人の方が多いのではないでしょうか。


何故このような現象が起こるのかと考えてみたのですが、そもそも占いや精神論の世界では善悪の判断という物が存在しない事に起因するのではないかなと思います。

“平和、平穏、無”
これこそが1番の幸せだと謳っている本は沢山あります。つまり、“何も起こらない事”が1番幸せなのだという考え方です。
その事に気付かない限り、運気が良いという風には感じる事は出来ないのでしょう。


世の中の全てのものは、調和が取れた状態になろうとします。行き過ぎたものには抑制がかかり、足りないものは補おうとする力が働きます。

占いの世界では、この世の中は『天・人・地』の3つの要素から成り立っていると言われています。
天(天体、惑星からの力)
人(持って生まれた身体の力)
地(地球、大地からの力)

これらの3つの調和を取るために、色んな出来事が起こっているという事です。

私達は『天』の力をどうこうする事は出来ません。惑星を爆破したり、念力で動きを止めたりできるのであれば別やとは思いますが…
となると、自分達でどうにかできるのは『人』と『地』の力。

『人』で調整しましょうっていうのが陰陽五行の考え方。四柱推命等で自分の性質を知ったり、漢方とかアーユルヴェーダなどなど、人間自身を整える方法。
人相などもこの分類に入ってくるのではないかなぁと思ったりもします。

『地』で調査しましょうっていうのが、九星気学や風水とかそういうもの。大地のエネルギーをお借りしましょう、気の流れを変えましょう的なもの。家相とかはきっとこの分類なんでしょうね。


で、一体何が言いたいのかと言うと、運気というものは、自分で動かない限りは、大概は自分の力ではどうする事もできない『天』の影響を最も受けるという事です。

ちなみにこの『天』の動きを読んで、なんとなくの流れを予測しましょうっていうのがホロスコープなどの占星術ですね。

『天』の力がある方向に強くなり過ぎている場合、もしくは弱まり過ぎている場合、そのバランスを取るために『人』もしくは『地』に影響が出てきます。

これによって体調を崩したり、引っ越しをせざるを得なくなったり、一見運気が悪い時期という風に捉える事も出来るのですが、自分ではどうする事もできない変化が起こりやすいという意味では“出会い”や“大きなイベント事”など、今後の人生に良い影響を及ぼすような出来事も起こりやすいというのも実はこの時期なのです。

良いと捉えるか、悪いと捉えるかはその人次第というのはこういう事です。

物事の良し悪しはコインの表裏のようなものなので、私は最近は何かを伝える時に、出来る限り“良い悪い”という言葉を使わないようにしているのですが、世の中的に“良い悪い”という言葉は分かりやすくキャッチーなので、あらゆる所でよく使われていると思います。(良い手相とか悪い手相とかいうのもそれです)


このブログを読んでくださっている方には、何かの占いやら何やらを見たり聞いたりした時に、この事を思い出して頂きたいなぁと思っています。

占いに良し悪しはないという事。

運気が良い時→平穏に過ごせる時期
運気が悪い時→色んな変化が起こりやすい時期
と頭の中で変換してもらって、運気が悪い時期というものに悪いイメージを持ったり、妙に怖がったりしないようにして頂きたいのです。

“この変化はバランスを取るために、平穏=幸せになるために起こっている事なのだ”と思えるようになれば、目の前で起こっている事が一見悪い出来事のように思えても、少し気が楽になると思いますし、後々“あの変化のお陰で…”と思えるような出来事に必ずなると思います。




手相鑑定に興味がある方はこちらをどうぞ↓

CE630915-9651-4BC0-AA99-284D8234B79D.jpg
posted by ひのとえり at 23:09| Comment(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

メール鑑定を始めてみて

手相のメール鑑定を始めてから1週間経ちました。
BF06C804-E6D8-4A2A-82AC-A7DB097E815C.jpg
ありがたい事にとても心地良いペースでメールを頂いて、フィードバックもいくつか頂きながら見直し、今後の課題と向き合っている今日この頃です。
(今現在頂いているメールには既に全て返信済みですので、もしまだ返信来てないよという方は、迷惑メールフォルダに振り分けられていないか確認の上、見つからない場合はお手数ですが再度ご連絡ください)

自分でやっていても不思議に思うのですが、手には面白いほど自分の欲求というものが現れてきます。もちろんその人の持っている性質はある程度わかります。

手相鑑定で難しいところは、その人の性格をある程度踏まえた上で、何をどういう言い回しで、どこまで伝えるか…という事です。
嘘偽りなく、いかに過不足なく相手に伝えられるかという事で、観る側の技量が試されるような気がします。

あくまで第3者の目線で客観的に観るというのも大事だと思っていて、こちら側が何と言おうと、最終的な判断は相手に任せるより他どうしようもないし、私が出来る事といえば、ただただ受け止めるとか、認めるとか、そっと背中を押すという事くらいですし、それ以上の事は基本的にはやってはいけないとも思っています。相手をわかったつもりになるというのも危険な事やと認識しています。

今は写真を見ての鑑定なので、じっくりと考えてひとつひとつ組み立てながら伝えるという事が出来るのですが、対面鑑定となった時にパッと頭をフル回転させて上手く伝えるというのには、まだかなりの訓練が必要になるかなぁ…と思っています。周易もまだちゃんと覚えられてないからカンニングしちゃうし…。

私自身、まだ30代半ばとはいえ、もともと感情の起伏も激しく飽き性という事もあり、悩まなくても良いような悩みまで抱え込む人生を送ってきたと思います。
その中で自分の感情のコントロール方法や、悩みとの向き合い方などを、体当たりでぶつかりながらも必死でもがいて何とか経験値をあげてきた節があると思っています。
この病みブログを昔から読んでくださってる方ならよくご存知かとは思いますが…。

今は人の顔色を読んでも敢えてスルーするとか、失敗を恐れて動けなくなるとか、モヤモヤを抱えるという事はほぼほぼ無くなったし、ある程度自分の感情のコントロールもできるようになったと思っています。(一人外食恐怖症とか言ってるくせに…)

何が言いたいかというと、余計な事までいっぱい悩んでるからこそ、ある程度の悩みには共感できるし、自分なりにそこから抜け出す方法もそこそこ知ってるよという事です。

基本的に何も変える必要はないと思ってるし、じゃあこうしてみたらどうでしょう?こういうやり方もありますよ、くらいのアドバイスしか出来ないし、それくらいしかやるつもりもないですが、何かちょっと行き詰まった時に、“あ、ちょっとあいつに話聞いてもらおう…”くらいの感覚で相談してもらえるような存在になれれば良いなと思っています。

そして、たくさんの人の悩みに向き合えるように、私自身もしっかり真面目に悩み続けようと思っています。


手相鑑定詳細はこちら↓
posted by ひのとえり at 12:29| Comment(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

手相観の練習のご協力お願いします!

インプットは結構しているのですが、アウトプットがなかなかできていないので、メール鑑定を始めてみようと思っています。
なんやかんや頭に詰め込んでもアウトプットしないと身につかないので。
鑑定とは言っても、今は“公式を使いこなす為にひたすら問題集を解きたい”という感覚なので、自分が納得いくまで暫くはお代は頂かないつもりです。
その代わり皆様には、“この問題ちょっと解いてみろよ!”的な感覚でお悩み事と手の写真を送って頂きたいのです。そして可能であれば答え合わせと言いますか、フィードバックなんかを頂ければとても有難いです。
持ち前のチキンな性格のせいで、行動に移すまでに半月くらいうだうだしてしまいましたが、種を撒かない事には芽も出ないので、とりあえずやってみて、やりながら少しずつ修正を加えていくという形でいこうと思います。
つきましては、hinoto0318-kyoto@yahoo.co.jpまで、以下の項目と手の写真を添付して送信して頂けると助かります。
時間を見つけてそれに順次返信していこうと思っています。(少しお時間頂くやも分かりません。気長に返信をお待ち下さい。1週間以上経っても返信がない場合はお手数ですが再度ご連絡下さい。)
・お名前(ニックネーム、偽名でも可
・生年月日(差し支えなければ
・性別(差し支えなければ
職業(これも差し支えなければ)
悩み事、気になる事、聞きたい事など(今の状況含め、なるべく詳しく)
(悩み事が特になければ、大体の性格、性質、今後気をつけた方が良い事等をこちら側の判断で適当に返信します)
※手の写真は両手、手のひらだけでなく、手の甲の写真もお願いします(計4枚)
※爪の形等も大事なので、指先までしっかり写るようにしてください。
自然に力を抜いた状態がベストです。自分で撮る場合は壁やテーブルに手を置いた状態で撮ると撮りやすいです。
良い例
8698F1AE-BA39-4F4F-B009-9FFB1DFE5085.jpgC337A2A0-DC94-439C-91BF-063E77C17357.jpg
例は右手だけですが、必ず両手分送ってくださいね。
悪い例
BF16110B-8380-4BE8-834E-CABA87CD94B1.jpg
指先まで写っていない
19967AC7-177E-4925-BA3E-879F195543F6.jpg
斜めってて手の形が分かりづらい
C9A7DDE3-32CB-4012-B088-FDF7EEA6EDD1.jpg
ボケててはっきり見えない(みれないことはないですが…)
ちなみに、病気、死に関する事、他人を貶める様な事を占う事は基本的にはタブーです。悪しからず…。健康面など占えない事もないのですが…。
基本的には手相で観ますが、場合によっては九星気学、周易、梅花心易、占星術などなど駆使して鑑定します。
技術向上の為、ぜひご協力をよろしくお願いします。
posted by ひのとえり at 13:19| Comment(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする