手相

友人に良いパームリーダー(手相鑑定師)がいるという事を聞いて、その方がちょうど京都で鑑定されるというので観てもらってきました。
忘れないためにちょっとメモ。
プラスひのとの店主ってこんなんやでっていうのを知ってもらえたら…っていうのも含めて。
E10ABC17-5CA4-4C7E-ABC0-0DB19988A197.jpg

・左手(本来持ってる性質)と右手(今の現状)との間のギャップが激しい。基本夢見がちな左手と超現実見てる右手
・経営者に向いている手相をしている
・基本的に霊感、直感の働く性質を持ってる。神秘十字がくっきりあるので、直感に従って動いた方が色々とそういうものに助けてもらえる。
・夢見がちなくせに常識的な事はしっかりしてるので、非常識な人は許せない
・自分が思ってるほど強いと思わない方が良い。基本はとても繊細で傷つきやすいから、その時大丈夫だと割り切ったつもりでも批判などが2〜3日後くらいに急にぶり返してとても堪える。
・男並みに体力がある
自分で体力がないと思っているのは、右手が勝ちすぎて疲れて左手が上手く働いていない
・コミュニケーション能力が低いし独特で、誰彼構わず仲良くというのは無理。とにかくストレスが溜まるので、周りにおいて置く人は選んだ方が良い
・ちょっと変な人(良い意味で)が寄って来やすいし、そういう人達と付き合ってる方が楽しく過ごせる
・根本は美意識がめちゃめちゃ高いし、妥協したくない性格
・そこそこ何でも出来て器用貧乏になりやすい。ただ色んなものに手を出しすぎると、自分をそこそこの人間だと勝手に思い込んでしまい上には行けない
・だからこそ自分が美しいと感じるものだけを極めた方が良い。自分独自の美意識を確立して磨いた方が良い。
・空間を創り出す事が得意
・その空間で人を繋ぐのに向いている

特に「何か聞きたいことはありますか?」など聞かれる事もなく、前情報全くなしで、とりあえず手を観ただけでこれだけ言われました。

手のひらにこれだけの情報が描かれてるんやって、ちょっとびっくり。


今後気をつけることは、
・良い物を見る目を養う
・自分が好きな物、美しいと思うものだけ手に入れるようにする
・直感で掴み取る
・妥協しない
・ビジョンはハッキリと描くようにする
・受け取る事に慣れる

だそうです。
今年に入ってから自分でも気をつけていかないとなぁと思っていた事が多くて、なんだか「そっちであってるよ」と背中を押してもらえたような気がしました。

占いって多分そういうもの。
依存するものではなく、ヒントをくれるもの。

メールの不具合について

最近(というか、もしかしたら前々からかもしれませんが…)メールの不具合が多発しております。
ネット販売でのご注文、お問い合わせの際はhinoto0318-kyoto@yahoo.co.jpからのメールが受信出来るように設定をお願い致します。

頂いたメールには、2日以内には必ず返信するようにしております。

もし3日以上経ってもメールが届かない場合は、設定をご確認の上、再度お問い合わせ頂くか、別のメールアドレスがある場合はそちらからお問い合わせ頂くようお願い致します。

お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。

女子力

女子力がない…というのが通年の悩みというか、そこまで悩んですらないくらいに関心がなかったのですが、周囲のいわゆる女子力が高めな人達を見ていると、やっぱりなんか良いなぁ可愛いなぁ…って思ってしまうんです。

でも、女子力を上げるって結構難しくないですか?

私やって料理は出来るし、お菓子も焼けるし、化粧もすれば、スカートやって履こうと思えば履けるし、お洒落カフェで友達とおしゃべりとかも出来る。

なのに何か違う…
同じ事をしていても圧倒的に何かが足りない…
何かが根本的に違う気がする…。


で、何が足りないのか…そもそも女性らしさってどんなものやろう…と考えた時に、真っ先に頭に浮かんだのが歌舞伎の女形の人でした。

歌舞伎の女形の方達やオネエの方達が、女性よりも女性らしく見えるのは、男性目線から見た女性の、少し誇張された仕草、格好を表現しているからやと思うのです。

だったら女性らしさというのは、男性目線から考えればもっと単純化されるのではという考え方に行き着きました。

で、やってみたのが​一旦思考を男にしてみて、女を演じてみるという方法。

実際にやってみたら分かると思うのですが、男になったつもりで女装して街を歩こうとすると(いや、女なんやけどね)、ちょっといつもより化粧を念入りにしてみようとする、ムダ毛の手入れもきちんとしようとする(そもそもちゃんとしてなかったんかい)、洋服もより一層女性っぽいものを選ぼうとする、スニーカーでなくてヒールのある靴を履こうとする、座った時に脚が開かないように気をつける、歩く時はちょっと何故かモデルウォークっぽくなる…等々、ちょっとでも女性に見られるように(いや、女性なんやけどね)自分の中の女性性を余す事なく出そうとするようになります。

ちょっと女子っぽい!(いや、女子なんやけどね…)って自分でも思うし、結構楽しいです。

普段めんどくさい化粧とかも、ちょっとワクワクドキドキするようになります。何ですかね、なんというか、ちょっといけないことをしているような感覚というか、バレちゃいけない…(バレるも何もそもそも女なんやけど)みたいな…。

ちっちゃい頃、お母さんの化粧品をちょっと拝借して口紅塗るドキドキ感…みたいな感覚にも近いかもしれません。

女性にみられる事への喜びというか、女性であることを楽しむという感覚、ワクワクドキドキが女子力に通ずるというのが今のところの私の中での結論です。

多分普段から女子力が高く見える人って、そのワクワクドキドキが通常運転な人達なんやと思います。私のように感情が希薄な人間は、普通に生活していてもワクワクドキドキは出てこないので、やはり何かしら別角度からそれを追い求める方法がベストやなと感じました。

男になって女装する、これ結構いけると思うし、単純にすごく楽しいので、もし女子力低いなぁって感じてる方は試してみて頂きたいです。