ちょっと休憩

最近暇やけど忙しいという状況で。
これを人に言ってもあまり通じへんのやけど、本当になんか暇やけど忙しくて…。
気ぜわしい?っていう言葉が近いのかな??

最近、あらゆる方面の方から、ご飯行こうとか、お話したいとかのお誘いを頂くことが本当に多くて、と〜ってもありがたくて嬉しい話で。

ただ、スケジュールが埋まるっていうのは、私にとっては嬉しい事でもあり、切ない事でもありで…。

空白の日っていうのがないとダメになるタイプの人間なもんで…

1日に1個でも人との予定が入ってしまうと、もうその日は自分の中では休みじゃなくなるんです。予定が何時〜やから何時まではゆっくりできる〜…とか、仕事が何時までやから、何時からは自分の時間♩とかそういう器用な技が出来ないんです。その予定の為に1日中緊張状態が続くという感じ。

本当に、予定は全く未定!な日がないとぼ〜っと出来ない…で、このぼ〜っとするっていう定義も人とは多分ちょっと違っていて、もちろん明後日の方向向いて「あれ?私、今何してたっけか?」的にぼ〜っとしたり、ひたすらririの行動をぼんやり眺めてたりって事もあるのですが、1人で外に出てその辺散歩したり、買い物したり、なんか作ったり、食べたり、なんとなく会いたい人に会いに行ったりもぼ〜っとするに含まれるのです。
つまるところ、私の中での“ぼ〜っとする”=“自分の感覚のまま好きなように行動する時間”という事なのです。
この日はそういう日!って自分の中で決めてた日に、お誘いとかがくると、あぁ⤴︎あぁ…⤵︎って切なくなるのです。嬉しいけど哀しい…

多分人と会ってる時って、自分の感覚を抑えてる節があって、いゃ、そら誰やって人と会うと時は多少なりとも気を遣うとは思いますが…その度合いが人よりもちょっと高めなのかな?
別に人付き合いが苦手とかではないし(決して得意ではないと思うけど)、人に会って色んな話を聞くのも好きやし、みんなで楽しい時間を共有するのも好きやけど、多分、人に会うっていう事で自分の感覚が分からなくなってくるのが嫌なんやと思います。

人との感覚と自分との感覚のギャップにちょっとショックを受けたり、不安になったりするのが嫌…というか。でも自分の中の感覚は見失いたくないという我の強さから、自分の感覚を取り戻す為にとるリセット日なんやと思います。

それだけ気持ちがブレやすい癖に、我は強い…めんどくさい奴。
ちょっとやそっとじゃブレないくらい強いメンタルを持ち合わせるようになったら、もっと社交的にウェェーーーイ!ってなれるんやろうか…???でも実際ブレないように意図的にリセット日を設けてるって事は、特段メンタル弱いって事でもなさそうやし…


とか、こういう考えんでもえぇような事を考えてる暇はあるんですよ。ただリセット日が取れないだけ。

うまいことリセット日じゃなくて、リセット時間を作れるようになれたら解決するんやろな。今回を期にちょっと練習してみよかな…そしたら最強やなぁ…
838F4747-47B2-4600-A5B7-F222C72F62BF.jpg




だいたいの流れ

なんか心構えのことばっか書いてしまってる気がするので、多分そろそろ、んな精神論はどうでもえぇねん!もっと為になる情報流せや!て思われてる頃やと思いますし、徐々に実用的な事を書いていこうかなと思います。
今回はお店を開店するまでのだいたいの流れに関して。

ざっくり言うと
物件決める→改装する→営業許可申請する→オープン

これだけです。ざっくり過ぎるかもですが、こんな簡単なもんです。
個人の飲食店をやるのにあたっては免許も資格も何にもいりません。やる気さえあれば誰でも出来ます。

ただ、流れは簡単ですがそれぞれが結構濃い!

物件を決めてしまってからは家賃が発生してくるので、金銭的な無駄を省く為には、改装、メニュー決め、試作、小物の準備などはほぼ同時進行で、許可さえ取れたら即営業!というのが効率が良いっていうのは分かりますよね?
金銭的に余裕のある方はゆっくりじっくり、あれこれ考えながらやった方が納得のいくお店が出来ると思います。焦るとやっぱり府に落ちない部分が多くなるので。

私はなるべくお金をかけたくなかったので、物件が決まる前にだいたいのメニューや試作、絶対に何がなんでも置きたい家具や、食器、雑貨などの収集は済ませておきました。部屋が物置状態でえらい事になりましたが仕方ありません。早く物件を決めようっていうモチベーションにも繋がるっちゃ繋がるので、なかなかケツに火がつかない人はとりあえず小物集めから始めたらいかがでしょうか?結局使わなかったっていうか使えなかった物も多々ありましたが…(汗)

ただ、物件が決まらないとどうしようもない物もあるのです。主にキッチン設備、例えば業務用シンクや冷蔵庫などは物件の大きさ次第で置くサイズを考えないといけないですし、大きめの家具は物件次第で置けなかったり…うまいこと居抜き物件が見つかれば買う必要もなくなるって事もありますし。
まぁ設備や家具に合わせて物件を選ぶっていうのもひとつの手ですけどね。

物件を探すのと同時に、だいたいのキッチン設備の相場というか、どんな形、サイズがあるか、くらいは把握しておいた方が後々楽やと思います。
同じ機材でもお店によって価格がだいぶ違ったりしますし、出来る事なら安く手に入れたいですしね。
物件が決まってしまったら、他に決めなくてはならない事がたくさん出てくるので、色んなお店を回ったり、調べたりしてる時間が取りにくくなります。なのである程度のところまでは時間のある時に調べ尽くして、物件が決まったら、この店で形とサイズだけ選んで購入!っていう状態まで持っていってれば気持ちがちょっと軽くなります。

出来ることは時間のあるうちに…が鉄則です。
焦るとろくな事になりません。


人の話は参考程度に…

お店をオープンするために何から始めたら良いか分からない…人に相談するのも苦手やしなぁ…
とりあえず本屋行って指南本でも読んでみるか…

っていうのが私のパターンでした。

今は本屋に行ったらたくさんの開業指南本が出版されてます。私も何冊か買って読みました。

で、読んだ感想としては、うーーーーん…なんかまどろっこしいなぁ……でした。

これは私の性格が大いに関係してるとは思うのですが、基本的に説明書とか読むのが苦手やし、やりながら使い方を会得していくタイプなので、買ったは良いものの途中まで読んでブックオフに持って行ってしまいました…

例えば何かを買った時に説明書を読んだり、順序だてないと気が済まないとか、そういう人なら読んだらとっても参考になると思います。
でも私みたいなタイプの人は本代がもったいないので、お店をやってる人に直接相談に行った方が良いと思います。本代を代わりにお店に飾る小物とかに使えますから。

ただ、どちらにせよ大事なのは、“書いてある事を鵜呑みにし過ぎない”、“人の話を聞き過ぎない”ということ。

何を言うてんねんて思われるかもですが、例えば、色んな本を読んだり、色んなお店の人に聞きに行ったりした場合、書いてある事も言われる事も千差万別なのです。

それもそのはず、お店の規模も、従業員数も、出してる場所も提供してる物もそれぞれ違うのだから。

だから前の記事とも連動するのですが、自分である程度のお店のイメージを固めないまま色んなお店の人のとこに相談に行っちゃったりすると、あっちゃこっちゃで言われたまんま、思考もあっちゃこっちゃ行ってしまって、考えがまとまらなくなって「キィィィーー!!」ってなります。で、結局自分が何をやりたかったのか分からなくなって、気づいた時には自分が思い描いていたお店とは全くの別物が出来上がって、あれ?私何してんねやろ??…な〜んて悲劇が起こりかねないのです。

だからまずは自分の中でお店のイメージをある程度固めておく事が第一。
あと、人に相談するのも良いのですが
・自分がやりたいと思っているお店に似た形態、雰囲気のお店の方に絞って相談にいく。
話はあくまで参考程度に、必要な部分だけ上手にピックアップして自分のものにしていく。
って言う事が大事になってきます。

あと、よくあるのが、お店をやってない人から
「えぇ〜辞めときなよ〜。絶対無理だってぇ」とか言われたりする事があるかと思います。家族から反対されたりとかのパターンとかもよく聞きますよね。
そういう人達の言葉に対しては「自分でやった事もないくせに勝手に決めつけてんじゃねぇよ!」もしくは「なんくるないさぁ〜」と軽く受け流せるようになって下さい。
たまにお店をやってる人からも「辞めといたら?思ってるよりしんどいよ」って言われる事もあります。そんな時には「なにくそ!見とけよ!絶対やったんねん!」もしくは「まぁ、そうは言うてもなんとかなると思いますし、なんとかしますよ〜」くらい思えるようになって下さい。
それくらいの強さと勢いは持ってないとあかんと思います。
それを言われて「え…やっぱ私には無理なんかな…」とか思っちゃう程度なら本当に辞めといた方がいいです。多分準備段階で即効精神的にやられます。

とにもかくにも、イメージング第一。
自分のお店をはっきりと頭の中で具現化できるくらいイメージをしっかりと固めて下さい。細かい事はそっから徐々に考えていきましょう。人に話を聞きにいくのもそれからです。