2020年03月06日

陰の極み

人を頼ったり弱みを見せるということがとかく苦手です。

人を信用していない訳ではなく、おそらく人に迷惑をかけたくない(というより人に借りを作りたくない…かな)とか、色々考えてる間に自分でやってしまった方が早いとか思ってしまうからやと思っています。

ただ気力体力的にも自分の限界というものが見えてきて、人を頼らざるを得ない状況が最近は増えていっている気がします。

そういう時の自分の感情は“不甲斐ない”とか“申し訳ない”になってしまうのです。

多分、頼れば助けてくれる人は周りに沢山いると思うし、きっと弱みを見せたとしても離れて行く人は少ないと思うのです。

でも自分の中で、“強くありたい”が勝ってしまうのやと思います。弱い自分をまだ認めたくない。悪あがきしている時期なんやろうなと。ただ、常に不安が付き纏うのも事実。
そういう時期はとにかくなるべく人に会わないように、家に籠もってしまいます。


話は飛びますが、この間、髪を切りに行った時に美容師さんがカットしている途中に急に「私のカット、大丈夫ですかね?」と聞いてこられたのです。

大丈夫じゃなければリピートはしないし、すごく扱いやすくなっていて日々快適ですよとお伝えしたら「そう言ってもらえるとすごく自信になる」と。

長年それを仕事として専門にやっている人でも不安になる事があるのか…と。
接客業かつ技術職でその不安をお客さんに直接ぶつけるのはどうかと思う人もいるかもしれませんが、私は物凄く好印象でした。

不安に思うという事は、傲り高ぶっていないという事。まだまだ伸びようとしている証拠やから。

表に出す出さないは別として、誰もが少なからず不安を抱えているという事にも、ちょっとした安心感を覚えました。

今、自分的にも世の中的にもなんとなく切り替わりの時期で、今までやってきた事と、これからやっていきたい事の狭間にいる状態で、状況がはっきりせず気持ちが不安定になっているんやと思います。

幼虫が蝶になるには一旦サナギになる必要がありますし、種がなければ芽は出ません。

成長する過程で、一旦内に籠るというのは自然の摂理なのかもしれません。
最近習ったのですが、籠るというのは一白水星の象意。一白水星は陰の極み。陰は極まれば陽に転じる。

行くところまで行ったら、多分勝手に外に出たくなるんやろうと、素直に人に頼れるようになるんやろうと思いながら、ひたすら家に籠もってこの文章を書いています。

posted by ひのとえり at 22:31| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

矛盾だらけ

世の中は矛盾だらけやと思う。

学校では協調性を持ちなさい、出る杭は打たれると個性は排除され、社会に出れば個性のない人間はつまらないと言われる。
賢くあれ、でも馬鹿であれ…。

そう世の中が見えているのは自分自身が矛盾だらけだからやとも思う。

落ち着きたいけど落ち着きたくない
頑張りたいけど頑張りたくない
出掛けたいけど出掛けたくない
誰かに会いたいけど会いたくない…
その他もろもろ

矛盾だらけの自分がそのまんま投影されてるみたいな感じ。

どっちが良くて、どっちが悪いという判断は自分が下すもので、それは人によって違ってくる。
絶対的な善とか絶対的な悪は多分存在しない。桃太郎は善で鬼が悪とは言い切れない。鬼からすれば桃太郎は悪。だから桃太郎は善であり悪でもある。

陰陽の太極図は円で描かれていて陰陽それぞれの中に小さく陽陰も含んでる。区分されてるんじゃなくて調和してる。それでいて陽が善で陰が悪ではなく、どっちも良くて悪い。
だから大事なのは矛盾そのものをまるっと受け止めて認める事。善悪の判断を下さない事。それはただの自分の価値観だから。どっちも良くてどっちも悪いし、そんな事は多分この世界ではどうでも良い。社会的にはどうでもよくないかもしれないけど。

自分の世界の調和を乱しているのは他人じゃなくて、紛れもなく自分の凝り固まった価値観だと最近思うのです。だからこそ柔軟でいたいと思うようになったし、悪の中の善を観れる自分でありたいと思うし、最終その善悪の基準すら捨て去れるまでになりたいと思います。

なんだか解りそうで解らない、この曖昧なモヤモヤした状況すらもまるっと受け止められる日が来たら、私はまたひとつ大きく成長するんやろうなと思います。
A297DFEA-ED64-41A8-9FD0-7A29F726B187.jpg
ラベル:価値観 思想 矛盾
posted by ひのとえり at 13:06| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

そしていなくなる

ちょっと前まで巷で騒がれていた引き寄せの法則。確かに私もそういう類の法則的な物は存在すると思うけれど、それを大々的に振りかざしてる“ワクワクしてればあなたもすぐハッピーハッピー!”みたいなキラキラふわふわ系のブログはどうも好きになれなくて…。どちらかというと量子力学的に堅苦しく理路整然と説明してくれている物の方が好みです。かといってなんちゃら=なんちゃらの二乗みたいな方程式を書かれた所でなんのこっちゃ意味不明なのですが…。


そんな自分の好みはさておいて、最近[あぁ、これが引き寄せって事なのかなぁ…」と思う事が続いたのでちょっと記しとこうと思いました。

・この職場は合わないな…そろそろ潮時かなぁと思ってた矢先にその職場の半年以内の閉店の事実を知る。
・もう一個の職場で私にしては珍しく“この人とはどうしても合わない、見るだけでイライラしてくる”という人に不利益を被られ、肝臓が悪くなるんじゃないかと思うくらい腹わたが煮えくり返ってしまい、自分の精神安定上退社も視野に入れようと思った次の出勤日にその人が半年以内に移動になる事を知る。

という事が起こり、自ら働きかけなくても勝手に向こうから去っていってくれるのか…と。引き寄せというより追い払ってますが…。
“一個は辞めて一個はまだしばらくは続ける”これが自分の中での今現在でのベストな道やとは思っていたので、その通りになった、というかそういう流れにさせられたというか…。

今回の件ではどちらも半年後というのが若干引っかかるのですが、自分の願い事が叶うまでのタイムラグは全てにおいて約半年なのか、願い事によって変わるのか…その辺りの共通項は今後色々と観測していけたら面白いなと思ってます。


posted by ひのとえり at 10:47| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする